« 松岡農水大臣の自殺 | トップページ | 一週間ぶりのボランティア »

2007年5月30日 (水)

参議院議員選挙の争点

今TBSの日曜時事放談のビデオを見ている。争点は第一に政治と金、次は年金に進んでする。政治と金の問題は選挙の争点には成らないと、私は思う。なぜなら、与党も野党も同じよな金の使い方、貰い方をし、報告方法も当然ながら同じだからだ。

私は安部内閣総理大臣の言う通り、憲法を争点にしたらよいと思う、そうする事により、平和、外交、予算規模よって税金の問題まで争点は展開出来ると考える。

時事放談は少女が指を切ったとなどつまらないニュースに話題を振った。

今、気がついたのだが、いつもの記事を書く大きさと色にしていなかった。遅ればせながらここから、正規の記述方法に改める。

参議院議員選挙の争点は憲法で結構だ。私はそう思うし、考える。

少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ Book 少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ

著者:山田 昌弘
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 松岡農水大臣の自殺 | トップページ | 一週間ぶりのボランティア »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参議院議員選挙の争点:

» ちか [未熟な体]
たまにはいいでしょ。男も女も。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 21時52分

« 松岡農水大臣の自殺 | トップページ | 一週間ぶりのボランティア »