« 裁判員制度のTBをあがとう | トップページ | 総合運動公園の利用率 »

2007年6月29日 (金)

図書室ホランティア

一週間ぶりの図書室ボランティアで、一箱分の図書を書架に返却し、後は自由時間で”愛媛大学50年史”を一時間ほど読みあと一時間は角川の俳句の月刊誌を読んだ。

その俳句の月刊誌に「大景の句と周詠の違い」の特集があり、興味深く読んだ。

岡本眸は”俳句は日記”といっており、俳句は単なる記録ではなく自己確立の文学だ。俳句として成立させるには、やはりハッー!というかなり大きな驚きが核にあんりませんとだめです言っている。

痴呆を生きるということ Book 痴呆を生きるということ

著者:小澤 勲
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 裁判員制度のTBをあがとう | トップページ | 総合運動公園の利用率 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図書室ホランティア:

« 裁判員制度のTBをあがとう | トップページ | 総合運動公園の利用率 »