« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金)

国家の借金は返さなくて良い?

明日を読み解く「中央公論」2007 10 の特集「国家の品質が危うい」を読んだ。

多分、堺屋太一の記述と記憶しているが、近代工業社会が知価革命で「物財、サービスの豊かなことが幸福」から「満足の大きさこそ幸せ」に変わった。

だから、明治維新の5大改革にならい、平成の大維新をおこなえと主張し、

1,開国はFTA、EPAのどの推進
2.公務員制度は終身雇用の中止、官、学、民の流動
3,中央主権化は道州制にする
4,通貨改革については、現在の国家の800兆円の借金は返済しなくてよい
5,情報公開はインターネットに期待する

などが、要約だと理解する。私は4,の国家の800兆円の借金は返さなくてかまわないが、理解できない。これは長い期間をかけてハイパーインフレを興すと
言う意味だとも考える。すると、長生きする年金だけの生活者はどうなるのか。物価変動に比例して、法律どうり年金額を増加してくれるのか。

それだは、返済しなくても良いという根拠が薄くなるような気がする。

5,のインターネットに期待すると言われて久しいが、何は良い変化の方向は
見いだせているのか。はなはだ疑問に思う。

最後に別項目で、村上正泰「消費税目的化は社会保障費抑制につながる」
という、大変参考になる文章も掲載されていた。

子どもの宇宙 (岩波新書) Book 子どもの宇宙 (岩波新書)

著者:河合 隼雄
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月27日 (木)

試されている民主党

明日を読み解く「中央公論」2007 10 に前民主党代表、前原誠司が「民主党は試さされている」という題の文章を掲載している。

民主党はお試し期間中で

テロ特措法を試金石として
年金問題
政治とカネの問題など

あらゆる問題に対し、どういう対応を取るかその一挙手一動を国民からみられている。

しかし、自ら告白しているがテロ特措法の党内議論もまだ行っておらず、これから行うそうだ。それで小澤代表がテロ特措法の反対を主張し、安部内閣を辞任の追い込んだのは、小澤代表一人の仕事ですか。

一国の外交問題になっている問題について、これから試金石とはいささか
前原前代表はおとぼけですね。

福田内閣との対決での話としては理解できるが、取筆の時期が早すぎる

生きる意味 (岩波新書) Book 生きる意味 (岩波新書)

著者:上田 紀行
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

国家の方針

昨日、愛媛県生涯学習センターでコミュティカッレジ「おもしろふるさと講座”町の子供の遊び”」を受講した。昭和10年から20年生まれの人達を現地に訪問し、お話や写真を見せてもらっている。

そのまとめで、今の子供達の遊びと異なり、その当時は子供が独立して親から離れて遊びに夢中になっていたように思われると述べられいた。具体的な例では「亥の子」や「子供たいこ」です。その中には当然、縦の関係があり、大将がおりその指示に従い、お金を集めたり、またそのお金で子供達が自由につかうのが何よりの楽しみだったとも思い出していました。

私が子供の頃は「日本は資源が乏しく、多くの国民が食べていくためには
外国から資源を輸入し、商品に加工して外国に高く売る、即ち加工貿易立国で
しか道はない。またエネルギーも石油、石炭、天然ガスが自国に乏しくエレルギー立国のためには、原子力の利用が必然であると教えられた。私が考えるに
敗戦後の日本はこの通りの道を歩んできて成功していると思う

今、原子力が地震で危ないと騒いでいるの、しいて地震学者と原子力工学
の不勉強、努力不足のなにものでもない。また行政もそれを許してきた責任は
重大である。

いま、我が国の人件費が高騰し、最早や加工貿易立国では国家が成り立たないとすれば、政治家率先してその方針をしめすべきである。私の考えでは

郵貯の何兆円、を発展中の外国例えば中国、ベトナム等に投資として、稼ぐとか
新潟や富山のような観光立国の本格的推進です。

これらの考え方は子供の頃から学校教育でも当然、敗戦後やった様に現在も
当然、政治家や教育関係者の責任で行うべきと私は主張する。

アジア・太平洋戦争 (岩波新書 新赤版 1047 シリーズ日本近現代史 6) Book アジア・太平洋戦争 (岩波新書 新赤版 1047 シリーズ日本近現代史 6)

著者:吉田 裕
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月19日 (水)

秋の早朝の星座

今日は全くの晴天でした。、何時も早朝散歩する愛媛県総合運動公園陸上競技場外周を4時過ぎから5時前まで歩いて3周する間にいろいろな星座を見ることができました。

星や星座には詳しくないて、とても残念でした。はっきりと名前が言えるのは北極星、金星(明けの明星)、カシオペア座だけでした。満天には輝きは薄いがかなり多くの星が見えました。しかし、運動公園の立地上、東の空が一番良く見えました。北は松山市街の照明で星は見えません。

昨年、久万高原天文台の先生から頂いた星座早見表が何処にも見あたらないのが残念でしかたがない。しかし、今朝の星空は見事でした。

ウナギ―地球環境を語る魚 (岩波新書 新赤版 1090) Book ウナギ―地球環境を語る魚 (岩波新書 新赤版 1090)

著者:井田 徹治
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

省エネ

昨日は生涯学習講座コミュニティ・カレッジで「エネルギー対策について」を受講しました。講師の先生は四国経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー対策課長 西川清美さんでした。

資料は1,レジメ 省エネルギー対策について 資源エレルギー庁
                             省エネルギー対策課

    2,FOCUS 2007FY   2007年9月四国経済産業局 エネルギー対策課

    3,平成19年度版 新エネアイランド四国 四国経済産業局

    4,2007年 夏版 省エネガイドブック

でした。これに基づき各説明、講義がありましたが、私はこの40年間に民生部門のエレルギーの消化が1.3倍に増え、エネルギー消費の約28%に当たることを聞き、驚きました。 またエネルギーの国外依存率も原子力をいれても84%とは驚き以外のなにものでもないです。もの知らずでした。

これからは頂いた省エネガイドブックをよく見て、家庭内の省エネに勤めようと
考えております。

集団的自衛権とは何か (岩波新書 新赤版 1081) Book 集団的自衛権とは何か (岩波新書 新赤版 1081)

著者:豊下 楢彦
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

いつもの図書ボランティアで、岩波書店「思想」2007 3 で優生学的植民地主義(日本における血のイデオロギー)を読んだ。

著者はジェニファー、ロバートソン 堀智恵子訳である。その中で日本赤十字の採血方法は二重に純血主義になっていると述べている。

最早国籍では血(民族と人種)は守れない。しかし血はいまなお物を言うと同時に文化資源として息づいている実態がある。

アジア・太平洋戦争 (岩波新書 新赤版 1047 シリーズ日本近現代史 6) Book アジア・太平洋戦争 (岩波新書 新赤版 1047 シリーズ日本近現代史 6)

著者:吉田 裕
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

阿部総理は辞任より解散を

阿部総理はアフガンの給油が中止になれば、国際社会に責任を取り、内閣を総辞職するとの発言をしているが、私はこれには反対だ。

日本国民の総意として、アフガンに給油すると決定したことはないように思う。民主党が反対しているだけ、特に小澤代表だけで、国民の総意かどうかは不明です。わずかに、メデアが少数のアンケート結果を発表するのみで、これも各メデアによる差が大きいと思う。

この際、途中で給油がとぎれるかも知れないが、阿部総理が衆議院を解散総選挙を実行して、日本国民の真の総意を天地に明らかにすればよい。

絶好の好機と考える。この種の民意が不明で有ると思う。

満州事変から日中戦争へ (岩波新書 新赤版 1046 シリーズ日本近現代史 5) Book 満州事変から日中戦争へ (岩波新書 新赤版 1046 シリーズ日本近現代史 5)

著者:加藤 陽子
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

臨時国会の冒頭で衆議院の解散を

テロ特措法が11月1日で期限切れになる問題で、社民党が公式に反対しており
すでに延長が困難な状態になっている現在、自民党は思い切って臨時国会の冒頭に衆議院を解散し、日本の重要な外交問題であるテロ特措法の延長問題、もしくはアフガンおよび国際テロ支援に自衛隊を使うか否か、別の視点から見れば

アメリカ側に付くか、それとも独自の道をあゆむか国民にこの一点で判断させればよい。これを出発点に憲法問題や教育問題にまで、議論が行き着くかも知れない。

アジア・太平洋戦争 (岩波新書 新赤版 1047 シリーズ日本近現代史 6) Book アジア・太平洋戦争 (岩波新書 新赤版 1047 シリーズ日本近現代史 6)

著者:吉田 裕
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

社会保障、福祉政策の時代錯誤

定例の図書室ボランティアの合間に、2005年3月の「思想」を拾い読みした。

そこに”バスにのり送れるな、バスに閉じこめられるな?”を読み、全世界的な貧困や格差について、深く考えさせられた。

貧困や格差の問題はなにも現代の日本社会だけの問題ではない。全世界的な問題である。パリ、ニューヨーク、ロンドンの貧富の格差と地域としてのアフリカ、イラン、ブラジルの所得格差。

一方国内的には東京、名古屋の貧富の格差と沖縄、島根、山形の所得格差

これを三位一体政策やニート、フリータ政策で個別に、短期に解決しようとしても無理である。

税制(消費税を含む)、社会保障、保険と一体にして真剣に議論しなければ成らないと考える。

格差社会―何が問題なのか (岩波新書) Book 格差社会―何が問題なのか (岩波新書)

著者:橘木 俊詔
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »