« 阿部総理は辞任より解散を | トップページ | 省エネ »

2007年9月13日 (木)

いつもの図書ボランティアで、岩波書店「思想」2007 3 で優生学的植民地主義(日本における血のイデオロギー)を読んだ。

著者はジェニファー、ロバートソン 堀智恵子訳である。その中で日本赤十字の採血方法は二重に純血主義になっていると述べている。

最早国籍では血(民族と人種)は守れない。しかし血はいまなお物を言うと同時に文化資源として息づいている実態がある。

アジア・太平洋戦争 (岩波新書 新赤版 1047 シリーズ日本近現代史 6) Book アジア・太平洋戦争 (岩波新書 新赤版 1047 シリーズ日本近現代史 6)

著者:吉田 裕
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 阿部総理は辞任より解散を | トップページ | 省エネ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 阿部総理は辞任より解散を | トップページ | 省エネ »