« 遺品整理屋は提案する | トップページ | 福田総理、即時解散せよ »

2007年11月 1日 (木)

男の品格、女の品格

今月号のPHPの特集、竜門冬二さんの文章から、「品格とは、勇気とヒューマニズム」とある。もっと砕いて言えば”卑しくないこと、ミットモナイこと”と”恕(じょ)の心を持つこと”即ち、つねに相手の立場に立ってものを考えるやさしさ、思いやりです。と

しかし、品格は一朝一夕で生まれない。また、別の人、藤本ひとみさんは「品格」は死に臨んで現れると言う。フランス革命時、一日に2、3百人がギロチンで殺されたが、一番品格のある、勇気のある女は最後にギロチンにかかったそうだ。

別に意地悪であなたの足をヒールで踏んだのではないのよ、ぐうぜんよ。

と言って、平然として死んでいったそうだ。

「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (岩波新書 新赤版 1092) Book 「尊厳死」に尊厳はあるか―ある呼吸器外し事件から (岩波新書 新赤版 1092)

著者:中島 みち
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 遺品整理屋は提案する | トップページ | 福田総理、即時解散せよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男の品格、女の品格:

« 遺品整理屋は提案する | トップページ | 福田総理、即時解散せよ »