« 疑惑の核心は”政治家”だ | トップページ | ”大連立仕掛け人”の告白 »

2007年12月 7日 (金)

教養軸を立てよ

文芸春秋 2007 12 救国の提言「教養立国ニッポン」 藤原正彦

格差、地方の疲弊、医療崩壊、---経済至上主義では人心はなれ国滅ぶ
数学者 御茶ノ水女子大学教授 藤原正彦

ならば再生の道は一つしかない 救国の提言”教養立国ニッポン”

国柄を破壊した構造改革
経済至上主義がもたらしたもの
  経済至上主義と共産主義
  第2の問題は日本人が祖国に対する誇りを失っていたこと

「教養軸」を立てよ   天文学 哲学 文学
戦前全否定論の誤り
教養こそ大局観の基
明治人の人間的な魅力
江戸文化が植民地化を防いだ
日本千五百年の文化に触れよ

私の意見 今こそ”ゆとり”をとりもどし、読書に励もう

親鸞をよむ (岩波新書 新赤版 1096) Book 親鸞をよむ (岩波新書 新赤版 1096)

著者:山折 哲雄
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 疑惑の核心は”政治家”だ | トップページ | ”大連立仕掛け人”の告白 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教養軸を立てよ:

» 教養市民文化の歪み [クラシック音楽ぶった斬り]
19世紀以来の教養市民文化は、「精神」や「内面性」や「生」といった決まり文句を連ねながら一個の自足した文化空間を作り上げた。 [続きを読む]

受信: 2007年12月13日 (木) 19時52分

« 疑惑の核心は”政治家”だ | トップページ | ”大連立仕掛け人”の告白 »