« 年金監視委員が告発する恐るべき実態 | トップページ | " »

2008年2月28日 (木)

厚生労働省という犯罪

より深く知ろうとする人のために 中央公論 2008 3

〈年金、医療制度崩壊の真の原因〉
   官僚の共同体化が国を滅ぼす 堺屋太一/作家

年金は制度破綻
記録、管理さえできない
薬害を頻発させ
医師不足で今や子供も産めない
受け皿を奪われた高齢者は
介護難民と化した.
これを犯罪と言わず何と言おうか。

硬直化した官僚システム
官僚倫理が退廃している
  退廃とは何が悪いのか分からなくなることです
医者不足の真の原因  単なる通達による
自由化と市場原理が医療を救う
地方に「医療特区」を    相続税に「ふるさと納税」を
「千の風」と「地の蔦」
  人事権と幹部官僚に対する行動掌握
日本のかたちと気持ちを変える
  高齢者は自分の人生を楽しめば良いのです
  そして使い切れない分は寄付をする。

もっとも政治家にも大いに責任がある。

昭和天皇 (岩波新書 新赤版 1111) 昭和天皇 (岩波新書 新赤版 1111)

著者:原 武史
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昭和天皇 (岩波新書 新赤版 1111) 昭和天皇 (岩波新書 新赤版 1111)

著者:原 武史
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昭和天皇 (岩波新書 新赤版 1111) 昭和天皇 (岩波新書 新赤版 1111)

著者:原 武史
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昭和天皇 (岩波新書 新赤版 1111) Book 昭和天皇 (岩波新書 新赤版 1111)

著者:原 武史
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« 年金監視委員が告発する恐るべき実態 | トップページ | " »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚生労働省という犯罪:

« 年金監視委員が告発する恐るべき実態 | トップページ | " »