« 福田総理は8月の臨時国会冒頭で総辞職せよ | トップページ | 第3のオイルショック »

2008年7月18日 (金)

高齢者は本当に弱者なのか

中央公論 2008 8 高齢者は穏当に弱者なのか

二極化する子どもたちが老後格差を拡大する   山田昌弘

豊かな老人よ自立せよ                 原田泰

原田泰/大和総研チーフエコノミスト
 後期高齢者医療制度の目的は医療費削減ではなかったか
 美濃部都知事の遺産
 なぜ高齢者のものを優遇するのか
 政府の失敗が人生設計を困難にした
 高齢者は貧しいか
 豊かな高齢者は自立すべき

山田昌弘
高齢者は本当に弱者なのか
 二極化する子どもたちが老後格差を拡大する
 家族形態の激変に対応できない行政
 モデル家族と生活保護の狭間で苦しむ高齢者の姿

 「年金パラサイト.,シングル」
 生活形態の多様化とはいうけれど
 高齢者のモデル家族
 モデル家族の行き詰まり
 モデルから転落する高齢者
 若者の不安定を引き受ける親世代
 モデル家族と生活保護の狭間 

|

« 福田総理は8月の臨時国会冒頭で総辞職せよ | トップページ | 第3のオイルショック »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者は本当に弱者なのか:

« 福田総理は8月の臨時国会冒頭で総辞職せよ | トップページ | 第3のオイルショック »