« 「報道2001」9月21日放映を見て | トップページ | 麻生新総理「補正予算を通す気か」 »

2008年9月23日 (火)

自民党総裁選の投票結果票数への疑問

自民党総裁選結果
                 平成20年9月22日
党所属国会議員 各位
                  党本部総裁選挙管理委員会
                  委員長 白 井 日 出 男
     投票総数         527票
     有効投票         525票
     無効投票           2票

     有効投票の過半数   263票

     候補者          得票数
     石原伸晃         37票
     小池百合子        46票
     麻生太郎        351票
     石破 茂          25票
     与謝野 馨        66票

      

疑問点 自民党総裁選は国会議員と地方都道府県の代表の3者の投票で決める
     と理解しているが、投票総数が527票とは、以外に少な過ぎると思う。

     私の理解では
              地方の都道府県の代表数     141
              衆議院選挙区選出の議員数    300
              衆議委員の比例区の議員数    180
              参議院の選挙区の議員数      146    
              参議院の比例区の議員数       96
                                            計              862

    投票総数が527では、有権者862の約61%にすぎない。どこに誤りがあるのか。

    衆議院と参議院の議員数が少なくなったのか?

|

« 「報道2001」9月21日放映を見て | トップページ | 麻生新総理「補正予算を通す気か」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党総裁選の投票結果票数への疑問:

« 「報道2001」9月21日放映を見て | トップページ | 麻生新総理「補正予算を通す気か」 »