« 3新聞の社説に見る自民党総裁選 | トップページ | 3新聞社説を見る »

2008年9月 6日 (土)

辛伸さんの「ウエイックアップ」を見ながら

マスコミの報道が増えてくると、麻生幹事長独走が崩れ、乱戦になり決戦投票になかりなない。与謝野さんが出馬したのが大きい。
石場元防衛省大臣も生出演しているが、この人が政策論争に加わると、海外協力がどうしても話題になる。防衛をどうするのか。日本国憲法を現状のままで、果たして海外での石油注油は本当に憲法違反ではないのか。

民主党の前原前代表も生出演していて、自民党の新総裁が選出され内閣総理大臣が誕生し、臨時国会が開催されその冒頭で所信表明だけで、いきなり衆院解散、総選挙されては困ると、あれだけ直ぐ解散、総選挙をせよとさっまていながら、いざその場面が実現しそうになると逃げている。党首討論か予算を通してからではとか、血迷った世迷い事をのたまわっている。

今は完全に公明党は蚊帳の外で、テレビ放送の量で見る限り自民党の圧倒的なリードとなっている。

しかし、ウエイクアップの辛伸さんも他人や鴻池さんの意見を聞くだけなく、自分を主張をはっきりと出さないと、やはり「お笑い」出身の唯の人気者で終わっていますと思う。

|

« 3新聞の社説に見る自民党総裁選 | トップページ | 3新聞社説を見る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辛伸さんの「ウエイックアップ」を見ながら:

« 3新聞の社説に見る自民党総裁選 | トップページ | 3新聞社説を見る »