« 11月12日NHKToday’s Close Up No.2658 | トップページ | 田中宇:転換期に入った世界経済 (コピー) »

2008年11月17日 (月)

11月13日NKH Today's Close Up No.2659 演歌の逆襲~ヒット連発の秘密~

国谷裕子

一郎選手、今シーズンの入場は意外な曲でした。天城越え
この曲に思いを込め、200安打を達成しました。

そして日本でも演歌の逆襲
還暦デビュー
現役高校生
ジエロ

ジェロ 担当デレクター
一時で消え去る曲でなく、永く愛され歌われる曲を作りたい

演歌の逆襲 ヒット連発の秘密
 2008年のトップ10のうち8曲が演歌が占めている
演歌、歌謡曲売上げシャア 2000~2006 3.6~5%
                  2007      10.8%
                  2008 さらにUPか

演歌新世代 続々と登場
  演歌新世代と言われる個性的な歌手
還暦の新曲 秋元順子 愛のままでーー 20万枚
盲目の高校生歌手 清水博正 雨恋恋  10万枚

  海雪 30万枚 ジョロ

演歌、歌謡曲のファンとは50、60代の女性や、やや少ない男性
「海雪」はこの常識を破り20代にもヒット
そこにはある戦略があった

”ジョロ現象”ヒットに戦略あり
ジェロ担当ディレクター 川口法博さん
  演歌を聴く年代層を広げたいと言う思いがあった
  作曲をロックバンド出身の作曲家 宇埼竜童さんに依頼
  苦労したのは”さび”の部分
  一般の人が歌って楽しめる音楽は
  一般の人の音域で歌えような
  メロディをやさしくた楽曲
  それだ聞いては楽しめない

  画一的で平凡はリズムに
  低音から高音まで幅広い音域を使い細かいリズムを刻む
  歌い手に高度な技術を求める曲となった。
  メロディーだけでなく演奏にもロックの手法を大胆に取り入れた

演歌の歌姫 誕生の秘密
 61歳の秋元順子さん 愛のままで、、50代以上の女性が大勢
 ポップスを歌う森山良子さんや高橋真梨子さんのファンが支持

秋元さんのデビュー曲 マデェソ郡の恋
  元印刷会社の社長が作った
  素人が作った曲を歌ってくれる人はなかなかいない。
  自主制作というかたちで制作した。
  ヒットは意外なところから、社交ダンスから
  10万枚を超える売り上げとなった。

演歌の逆襲の背景は 戸倉俊一さん 作曲家
 ジャンルが変わりつつあるのか?
 ニューミユジックの時代
 本物の歌い手、演歌の歌い手に本物の歌い手がいた

音楽が変わる デジタル配信時代
  ドウンロード 850万件
音楽デジタル配信 1曲300円で瞬時に音楽を聴ける
  30秒の試し聴き

  200曲ダウンロウドした

  ひと通り聞くんですけてど新しい曲が出たら移っちゃう

長く愛される歌へ 歌詞の復権

プロデューサー 松下章一さん
  歌詞にあると考えています
  歌ですと 3分 4分のなかに音楽があって 言葉があって
  声があって 歌はソングという意味でいうと やっぱり言葉です

青春のたまり場 あさみちゆき

  息の長い歌となり8万枚売り上げた。
  自分のことを歌ってくれてる気にさせられる
  彼女の歌が物語みたいで吸い込まれていく
  この歌を作曲したのは作詞家 阿久悠さん

  純愛がぶつかれば 時に傷つけ
  その後で悔いながら 泣いて詫びたり
  かけがえのない時代 ともに過ごしいた
  あの店も今月で 閉めるそうです

青春のたまり場

あさみちいきと 私と同じところを 読んでも 映像とか場面は違う
100人いれば100人とも「場面」が違う

場面がない

聞く人と共有できる等しい場面だと思います

大人のための歌 復活への道
 歌詞
 美しい日本語
 説得力のある日本語

    

|

« 11月12日NHKToday’s Close Up No.2658 | トップページ | 田中宇:転換期に入った世界経済 (コピー) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月13日NKH Today's Close Up No.2659 演歌の逆襲~ヒット連発の秘密~:

« 11月12日NHKToday’s Close Up No.2658 | トップページ | 田中宇:転換期に入った世界経済 (コピー) »