« Today's Close Up No.2664 狙われた”官僚” 検証、元次官宅襲撃事件 | トップページ | 世界金融危機と日本の景気 »

2008年11月27日 (木)

Today's Close Up No.2665 欺かてた年金記録

 

 欺かれた年金記録
       国谷裕子

年金記録改竄
徴収率の維持

年金記録
  国民年金
  厚生年金 合わせて
 3億件

厚生年金は徴収率97%に
維持されて来たとされてた

しかし、年金記録6万9千件
が改竄されている事が発覚

自分の年金記録の標準月収
が改竄されている事に気が
ついた”斎藤”さんが第三者
委員会に申し出たが、認めら
れなかった。1年2か月の空白
がり、その間も会社も存在し、
自分も仕事をいていたとその
当時、昭和30年の社員旅行
の写真を働いていた事をしめ
すため、提出したが、写真だ
けでは証拠として認められ
なかった。会社はもうない、
社長もなくなっている。

改竄された予想される年金

記録の内、既に年金の支給
が開始されている

496件の内
 改竄あり  64%
 改竄なし  26%

496件の内
 改竄を知らない 154件
 知っていた     66件
 分らない      97件

推定すると全国で4万6千件
が改竄されている疑いがある。

社会保険庁改竄の手口
  保険料の滞納を隠ぺい
  するため、今まで納めた
  保険料を過去に遡り
  減額し、納入が継続して
  いる様にする

なぜ保険料徴収率を高く維持
する必要があったのか。
  各所で競わせていた
  徴収率の高い人が優遇され
  る、悪循環があった。
  天下り先の確保

厚生省社会保険庁は現場の
実態を見ようとしなかった。

解説委員 飯野奈津子
 

年金記録改竄の背景
  改竄は組織的か?
  本人が合意の上で
  知っていた場合も
  社会保険庁が奨めた
  昭和60年の改定で
   1人も事業所でも
   加入が必要
  制度設計上の問題も
  不景気になると、保険
  料を納入すると倒産

制度設計をした厚生労働省が
今後どう対処すすかが問題         
    

|

« Today's Close Up No.2664 狙われた”官僚” 検証、元次官宅襲撃事件 | トップページ | 世界金融危機と日本の景気 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Today's Close Up No.2665 欺かてた年金記録:

« Today's Close Up No.2664 狙われた”官僚” 検証、元次官宅襲撃事件 | トップページ | 世界金融危機と日本の景気 »