« 歎異抄 唯円 | トップページ | 歎異抄 唯円 »

2008年12月30日 (火)

歎異抄 唯円

[三]

善人なをもて往生をとぐ、いはんや、悪人を
や。かかるを 世のひとつねにいはく、悪人
なを往生す、いかにいはんや善人をやと。こ
の条、一旦そのいはれあるににたれども、本
願他力の意趣にそむけり。そのゆへは、自力
作善のひとは、ひとへに他力をたのむこころ
かけたるあひだ、弥陀の本願にあらず。しか
れども、自力のこころをひるがへして、他力
をたのみたてまつれば、真実報土の往生をと
ぐるなり。煩悩具足のわれらは、いづれの行
にても生死をはなるるあるべからざるをあは
れみたまひて、願ををこしたまふ本意、悪人
成仏のためなれば、他力をたのみたてまつる
悪人、もともと往生の正因なり。よて善人だ
にこそ往生すれ、まして悪人はと、おはせさ
ふらひき。

|

« 歎異抄 唯円 | トップページ | 歎異抄 唯円 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歎異抄 唯円:

« 歎異抄 唯円 | トップページ | 歎異抄 唯円 »