« 歎異抄 唯円 | トップページ | 歎異抄 唯円 »

2009年1月 2日 (金)

歎異抄 唯円

[六]
専修念仏のともがらの、わが弟子、ひとの弟
子という相論のさふらふらんこと、もてのほ
かの子細なり。親鸞は弟子一人ももたずさふ
らふ。そのゆへは、わがはからひにて、ひと
に念仏をもうさせさふらはばこそ、弟子にて
さふらはめ、ひとへに弥陀の御もよほしにあ
づかて念仏もうしさふらふひとを、わが弟子
ともうすこと、きはめたる荒涼のことなり、
つくべき縁あればともなひ、はなるべき縁あ
れば、はなるることのあるをも、師をそむき
て、ひとにつれて念仏すれば、往生すべから
ざるものなりなんといふこと、不可説なり。
如来よりたまはりたる信心を、わがものがほ
にとりかへさんともうすにや、かへすがへす
もあるべからざることなり、自然のことはり
にあひかなはず、仏恩をもしり、また師の恩
の恩をもしるべきなりと、云々。

|

« 歎異抄 唯円 | トップページ | 歎異抄 唯円 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歎異抄 唯円:

« 歎異抄 唯円 | トップページ | 歎異抄 唯円 »