« [私の家庭教育論] 「塾」と「商店街」で子は育つ | トップページ | 議会の定数 »

2009年1月10日 (土)

病院と医師選びが生命を分ける

中央公論 2009 1 特集 
自分の身は自分で守る

「無駄死にしない」情報収集のコツ
病院と医師選びが生死を分ける
   油井香代子/ジャーナリスト
治療成績には格差がある
病院の選択を誤るな
「症例数」は冷静に見極めよ
がんで死なないために
  「病理診断科」あらわる
技術の進歩が速い脳疾患
一刻を争う心筋梗塞
「かかりつけ医」を持とう
医者選びの「十カ条」
医療機関選びの「六カ条」

あなたは犯罪の真実を知っているか
   小宮信夫 立正大学教授
「入りやすく見えににくい場所」で犯罪は
起こる
 「危ない人」より「危ない場所」
 犯罪者が好む場所
 落書き、散乱、ごみ、放置自転車
 犯罪のパターンは読める
 地域安全マップ
 悲観的に準備して、楽観的に行動する

|

« [私の家庭教育論] 「塾」と「商店街」で子は育つ | トップページ | 議会の定数 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病院と医師選びが生命を分ける:

« [私の家庭教育論] 「塾」と「商店街」で子は育つ | トップページ | 議会の定数 »