« 特集 日本語は亡びるのか 2 | トップページ | トレーサビリティ »

2009年2月14日 (土)

特集 日本語は亡びるか 3

中央公論 2009 3

特集 日本語は亡びるか

東浩紀/批評家、哲学者 
     東京大学大学院総合文化学科

日本のネット空間と文学産業の現在
中途半端な規模こそ問題だ

言語はあくまで道具
日本語の危機は大した話なのか
情緒ではなく理論で
学校ではコピペの能力を
浅田龍はマックス正しい
文学産業の持続のために
ネット空間の中途半端な活況
壮大はおしゃべり空間の未来

|

« 特集 日本語は亡びるのか 2 | トップページ | トレーサビリティ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特集 日本語は亡びるか 3:

« 特集 日本語は亡びるのか 2 | トップページ | トレーサビリティ »