« 大学の絶望 | トップページ | 大学の崩壊 3 »

2009年2月 8日 (日)

大学の崩壊 2

中央公論 2009 2 

少子化と制度改革がもたらしたもの
 大学教授に冬来たる、か?
鷲田小弥太/札幌大学教授

~あなた変わりはないですか
         日毎寒さがつのります~
「温室時代」が「普通の時代」になった
年一本の論文が過重だって
給料が半分なら教授を辞めますか
それでも大学教授の生態は変わった
教授の生態が一変する事態
①休講がなくなった
②セクハラはなくなった
③派閥抗争は減った
変わらないもの、変えるべきもの
①45歳以上に契約制度の導入
②評価基準を自前で作れ
③研究者である。研究に没頭しろ。
教授力が根本だよ
大学の死
 研究能力のある教授の獲得が
 必要、さもなければ死あるのみ

|

« 大学の絶望 | トップページ | 大学の崩壊 3 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学の崩壊 2:

» 月収の平均 [月収の平均]
月収の平均 [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 09時40分

» サラリーマンの年収 [サラリーマンの年収]
サラリーマンの年収 [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 07時26分

« 大学の絶望 | トップページ | 大学の崩壊 3 »