« 四国羅針盤 第1回 NHK 高速料金値下げをいかせ | トップページ | 4月19日放送の時事放談を見て »

2009年4月19日 (日)

特集O日本政治失望の構造

中央公論 2009 5 特集O日本政治失望の構造

検証・最後の劇場型政治 実は小泉でなくても歩んだ道

対談 御厨貴/東京大学教授・1951年東京生まれ・東大法学部卒  
 くりやたかし 業後東京都立大学教授・政策研究院大学教授を経て
         現職。著書に「政策の総合と権力」サントリー賞受賞
         「馬場恒晋の面目」吉野作造賞など 
    牧原出 東北大学大学院教授・1967年愛知県生まれ・東大
 まつはらいずる 法学部卒・ロンドンスクールオブエコノミスト客員
         研究員を経て2006年より現職。専攻は行政学・政策
         学。著書に「内閣政治と「大蔵省支配」」サントリー賞
         受章・「歴代首相物語」(共著)など

クライマックスは郵政民営化
  最初の二年間 内閣総理大臣として、行動(一内閣一閣僚)
  真ん中の二年半 規制緩和を盛大に訴え、道路公団民営化や
             郵政民営化でワンフレーズポリティックスを
             展開し劇場型手法を駆使した
  おまけの一年間 次の総理総裁をどうするか”麻垣康三”
橋本行革の系譜として
  六大改革とは行政、財政構造、経済構造、金融システム、社会
  保障、教育
  政治改革 第1 小沢一郎の日本改造計画
         第2 野党さきがけの路線 リベラルな保守
             保守的、海外への自衛隊派遣などには消極的
             環境問題を重視する
         第3 自民党本流の経世会 橋本氏の流れ
小泉でなくても選んだ道
橋本行革を引き継ぎながら、橋本派を壊した
イデオロギーを封殺した罪
最後の劇場型政治
郵政選挙で勝ち過ぎて制度改革がスットプした

こてからの政治には総合力を高め多様に分立する「官」とのコミュニケションをとることが求められるようになると思います。

|

« 四国羅針盤 第1回 NHK 高速料金値下げをいかせ | トップページ | 4月19日放送の時事放談を見て »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特集O日本政治失望の構造:

» ラッキーサイダー [ラッキーサイダー]
ラッキーサイダーの美味しいサイトです。 [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 09時28分

» ぽちゃデリ|ぽっちゃり系デリヘル [ぽちゃデリ]
ふふふ。 [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 12時33分

« 四国羅針盤 第1回 NHK 高速料金値下げをいかせ | トップページ | 4月19日放送の時事放談を見て »