« 砥部川周辺の古代窯業と「出部郷・砥部郷」 | トップページ | Today's Close Up NHK No.2758 揺らぐ”イスラム体制”~イラン 混迷の行方= »

2009年6月29日 (月)

時事放談 6月28日を見て

時事放談 御厨貴 東京大学教授

TBSアナウンサー 小島慶子

放談者 塩川正十郎 元財務省長官
      増田寛也  元総務大臣

アルバムが歴代最高で!

小島慶子 お早う御座います。小島慶子です。かんぽの宿を巡る大騒動の果てに日本郵政が出した答えは社長の報酬を3ヵ月、30%返上すると言うものです。麻生総理はすんなりとOKしたようですが、激しい攻防は更にヒートアップしそうです。そして今週は宮崎県の東国春知事が衆議院選に自民党から出馬する条件に総裁候補を打ち上げる騒ぎ勃発。さらに大阪府の橋本知事が地方分権を求めるグループの結成表明をしたのも相まって、今や知事の乱、加藤の乱、と揉みくちゃにされながら、麻生総理は解散はそう遠くないと表明し、それに対抗しその解散のリミットは事実上今週の金曜日までです。事態は緊迫してきました。そこで幾つかの政局の修羅場を潜ってきた経験のある塩川さん、元祖改革派知事で今回の動きを知る増田さんに駆けつけて貰らいました。司会は御厨貴さんです。
それではドラマッチクトークのスタートです。

すったもんだで減俸で!!

なぜ「迷走」!!

「迷走」が止まらず

1月 1月6日 日本郵政による「かんぽの宿」のオリックスへの一
          括売却に反対表明(鳩山総務大臣)
2月 2月5日 民営化に賛成ではかかった。(麻生総理、予算委員
          会)
     13日 日本郵政は「かんぽの宿」一括売却を白紙撤回
4月 4月13日 総務省が日本郵政に業務改善を命令
5月 5月18日 日本郵政が西川社長の再任方針を確認
6月 6月12日 麻生主相が鳩山総務相を事実上の更迭
      21日 振付師が妙な振付けをするんですよ。
           私はそれで完全に歩調が合わなくなった(鳩山)
      22日 佐藤総務相が西川社長の続投容認を表明
      23日 日本郵政が決めた人事だから政府としてそれは
           おかしいと言うのは、介入の仕方としていががな
           ものか(麻生総理)
      29日 日本郵政の株主総会

塩川 死んだ子の歳を数えるのはもう止めて欲しいと思う。
    それより、なんでこんなバカナ事をやったのか、過去の事を
    清算し、今後こんなバカな事を今後やらない。

御厨 増田さん、これは白紙撤回のところがやはりポイントだったの
    でしょうか?
増田 5月18日西川続投を決めて6月までの1ヵ月が完全に無駄に
    なっていますね。採算を度外視してする事、この体質を変える
    事が大切です。

以下省略

    

     

|

« 砥部川周辺の古代窯業と「出部郷・砥部郷」 | トップページ | Today's Close Up NHK No.2758 揺らぐ”イスラム体制”~イラン 混迷の行方= »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時事放談 6月28日を見て:

« 砥部川周辺の古代窯業と「出部郷・砥部郷」 | トップページ | Today's Close Up NHK No.2758 揺らぐ”イスラム体制”~イラン 混迷の行方= »