« 時事放談の録画をみて | トップページ | Togay's Close Up NHK No.2803 どうなる地方 新政権の”難題” »

2009年10月20日 (火)

10月19日(日)放送のサンデープロジェクトの録画を見て

 

テレビ朝日アナウンサー  テレビ朝日アナウンサー
小川彩佳            寺崎貴司

どうなる「脱官僚依存」
仙谷大臣の1ヶ月に密着

お早う御座います。鳩山政権が誕生から1ヵ月が経ちました。実はサンデプロジョクトのカメラは閣僚の中でも最も注目をこの方を追い続けてきました。行政刷新大臣の仙谷大臣です。鳩山内閣の目玉、行政刷新会議、その1ヶ月の戦いを取材しました。

行政刷新担当大臣 仙谷由人

さらに仙谷大臣と野党の野党の論客が徹底討論です。論客を紹介します。

自民党の河野太郎さん、共産党から故池晃さんです。

共産党 政策委員長    自民党 国際局長
小池 晃            河野 太郎

鳩山政権で攻守が一転
新与野党が大激論!

特集は「新型インフル対策」
シリーズ民主政権への提言Ⅱ

取材はジャーナリト 内田 誠

いよいよ明日からワクチンの接種が始まります。5月に日本に上陸してから、新型インフルエンザの流行が今も拡大つづいている状態なのです。国が取ったインフエンザ対策に果たして問題はなかったのか?大事なポイントです。今回の取られた対策は主に二つあると思うのです。
一つは水際作戦、これはウイルスが国内に入るのを阻止しようという作戦です。
もう一つは封じ込め作戦です。

国が採った新型インフルエンザ対策

水際作戦

封じ込め作戦

これらを立案したのが厚生労働省の医系技官といわれる医師免許を持つキャリヤ官僚なのです。この二つの作戦はこのキャリヤ官僚が期待した程の効果は上がらなかったのではないかと考えられますが、そうなる事は専門家の間では事前に指摘されていたのです。ではなぜこうした対策が執られたのか検証したいと思います。
本来どうあるべきだったのか指摘します。

シリーズ[提言]Ⅱ
新型インフル対策
医系技官と厚労省
SUNDAY PROIECT

新型インフル蔓延は「天災」か「人災」か
11時6分ごろから「医系技官と厚労省」

仙谷大臣密着のビデオ
まさにゼロかのスタート

9月22日 シルバーウィーク
”政治主導”び舞台裏
仙谷大臣の1ヵ月

行政刷新・国家戦略副大臣
古川元久

ここにもう一人のキーマンがまっていた

副総理・国家戦略担当大臣
菅直人

そこに仙谷が合流

以下省略

結果的には新政権は発足にはまず、躓く事に陥ることはなっかた

  

 

|

« 時事放談の録画をみて | トップページ | Togay's Close Up NHK No.2803 どうなる地方 新政権の”難題” »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月19日(日)放送のサンデープロジェクトの録画を見て:

« 時事放談の録画をみて | トップページ | Togay's Close Up NHK No.2803 どうなる地方 新政権の”難題” »