« 古建築とわがふるさとの歴史 | トップページ | 賞味期限が切れた小沢一郎 »

2010年2月19日 (金)

石鎚そして黒部源流から第四物語

ふるさとの森林講座Ⅲ

「素晴らしき日本の山・樹・花」

~石鎚そして黒部源流から黒四物語~

(社)愛媛県木材協会 業務部長 織田 博 

1.石鎚の春・夏・秋
  西日本最高峰の石鎚1,982m我が郷土の誇り
  春はアケボノ
  夏は濃い緑
  秋は錦に彩られる

2.夏の北アルプス
  日本列島の背骨3,000m級の峰峰が連なるアルプス
   ・北アルプスからの御来光
   ・天を突く槍ヶ岳3,180m
  人跡未踏日本一の急流黒部渓谷
   ・黒四ダム下流を見下ろす鹿島槍ヶ岳2,889m
   ・黒部源流の峰の一つの薬師岳2,926m
   ・日本の高度成長を支えるべく男達が挑んだ黒四物語

S31、8,1 関電大町トンネル着工 S31,4月 裕次郎デビュー「太陽の季節」
S33、5,21 関電大町トンネル開通
 (1年10ヶ月の難工事82,6mの破砕帯に7ヶ月間苦闘)~平成20年、開通50周年
S38、6,5 黒四ダム完成
 7年の歳月、513億円の巨費、延べ990万人の労働、尊い殉職者171名
 工事発注者:関西電力(当時の関電電力社長 太田垣士郎)
満水位標高1,488m ダム高186m 幅長492m 日本一の大アーチダム(世界第4)

S39年10月 大本正次氏「黒部の太陽」を著し、信濃毎日新聞社から出版
~「黒四で苦労した大勢の人たちの、人間の記録を書きたい。この工事で殉職した171人の人々のために、紙碑を立てたいと思うのです。」
「ぜひ、生きた、血の通った文学の碑を立てて下さい。殉職者に限らず、黒四で苦労した人たちのために、どうか人間の記録を残して下さい」
太田垣士郎(当時の関西電力会長)

S43、2,17 「黒部の太陽」 (石原プロ)
制作費3億9千万円 733,7万人 興行成績16億円
~平成20年、封切り40周年

|

« 古建築とわがふるさとの歴史 | トップページ | 賞味期限が切れた小沢一郎 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石鎚そして黒部源流から第四物語:

« 古建築とわがふるさとの歴史 | トップページ | 賞味期限が切れた小沢一郎 »