« 土地・建物をめぐる法律問題 レジュメ 第1回 | トップページ | 土地・建物をめぐる法律問題 第3回 »

2010年3月23日 (火)

土地・建物をめぐる法律問題 第2回

土地・建物をめぐる法律問題

第1. 土地をめぐる法律問題

 1. 土地の権利問題の確認

   (1)所有者の確認
      真の所有者か確認する
      他人物売買は有効(民法560条)

   (2)抵当権等の調査
      買主の権利を制限するような権利が
      ついていかいか
      権利証と白紙委任状の交付

   (3)登記のない権利の調査
       借地権、通行地役権、不法占拠

 2. 土地の用途制限・・・都市計画法の法律上の制限

   (1)市街地区域
       建物を建て市街化を促進する地域

   (2)市街化調整区域
       一部の建物を除き、建築が許されない地域

 3. 取引時に注意する点

     仲介する不動産業者が

   (1)宅地建物取引業者であること

   (2)業者の経歴を確認する

   (3)経営が安定しているか確認する

   (4)苦情がにか確認する

 以下 第3回に続く

|

« 土地・建物をめぐる法律問題 レジュメ 第1回 | トップページ | 土地・建物をめぐる法律問題 第3回 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土地・建物をめぐる法律問題 第2回:

« 土地・建物をめぐる法律問題 レジュメ 第1回 | トップページ | 土地・建物をめぐる法律問題 第3回 »