« 相続問題をめぐる法律問題 第3回 | トップページ | 相続をめぐる法律問題 第5回 »

2010年3月17日 (水)

相続をめぐる法律相談 第4回

 

相続をめぐる法律問題 第4回

第5 遺産の範囲の確定

1. 原則
    相続人は、相続開始から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する
    (民法896条本文)
    借金など、被相続人の一切の債務も承継するかれことに要注意
    ただし、生活保護受給権等被相続人の一身に専属するものは除れる
    (同条但書)

2. 相続財産とはならないものの例
    (1)生命保険請求権
       受取人に権利が帰属
    (2)死亡退職金・遺族給付
       遺族固有の受給権
    (3)香典
       喪主への贈与
    (4)祭祀財産
       財産相続とは別問題(民法897条)

 以下 第5回に続く

 

|

« 相続問題をめぐる法律問題 第3回 | トップページ | 相続をめぐる法律問題 第5回 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相続をめぐる法律相談 第4回:

« 相続問題をめぐる法律問題 第3回 | トップページ | 相続をめぐる法律問題 第5回 »