« 歴史読本 知っておきたい幕末史の新・視点 龍馬は客分の”福井藩士”だった | トップページ | Taday's CloseUp NHK No.2900 口てい疫 感染拡大との闘い »

2010年6月 7日 (月)

6月6日放送の時事放談の録画を見て

時事放談 御厨貴 東京大学教授

放談者 野中広務          元内閣官房長官
     リカールド・カーティス   アメリカ・コロンビヤ大学教授

時事放談
野中・カーティス
明後日は組閣

御厨 あの、もう明後日は組閣ということですが、野中さん、組閣にまつわ
    る思い出とか印象に残っている事はどんな事ですか?

野中 ああ、私は村山内閣で当選回数がまだ少ないにもかかわらず、
    いきなり自治大臣、国家公安委員長を拝命して、永年32年間地方
    自治を担当してきた身には、その元締めにいきなり拝命されたわけ
    ですから、感激しました。その村山内閣で阪神淡路大震災や函館
    ハイジャック事件など国家危機管理が日本国家として初めて問題
    となりました。橋本内閣の時は加藤さんが幹事長で私が幹事
    長代理を拝命しましたが、橋本さんは今日は私は早くかえらせて
    貰います。あすは皇居で認証をうけて、それから閣僚の呼び込み
    をしなければならないず、その後また皇居で認証を受けなければなら
    ないので、明日はほどんど寝らねないのですよ。閣僚は貴方がたお 
    お二人で決めておくだざいといわれ、さっさと御帰りになりました。
    まあなんと変わった内閣総理大臣だとおどろいた印象が今でも残っ
    ています。

御厨 ああそうですか。あの、カーティスさんはいかがですか?

カーティス あの昨年の9月に鳩山内閣ができてのが一番印象に残って
    います。日本もこれで変わると思っていましたのに、わずか8ヵ月で
    辞めてしますのが、大変驚きで残念です。 

     以下省略

|

« 歴史読本 知っておきたい幕末史の新・視点 龍馬は客分の”福井藩士”だった | トップページ | Taday's CloseUp NHK No.2900 口てい疫 感染拡大との闘い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月6日放送の時事放談の録画を見て:

« 歴史読本 知っておきたい幕末史の新・視点 龍馬は客分の”福井藩士”だった | トップページ | Taday's CloseUp NHK No.2900 口てい疫 感染拡大との闘い »