« 特別企画 目からウロコの「魔都上海」 「ドル」と「元」どちらが勝つか | トップページ | 小沢民主の病理を衝く トップの言葉 存在の絶えれない「政治答弁」の軽さ »

2010年7月 2日 (金)

小沢民主の病理を衝く 「小沢一郎」に最後のとどめを刺す 舛添要一

新潮45 2010 7 初夏特大号
小沢民主の病理を衝く

「小沢一郎」に最後のとどめを刺す

舛添要一 参議院議員・新党改革代表
「反小沢戦争」の天王山
総理となり、小沢氏に「最後」のとどめを
刺す

# 民主党内最大勢力

# 未熟な政治手法

# 政治主導ではなく、小沢主導

# 実に不幸な事態

# この国のかたちを変える

|

« 特別企画 目からウロコの「魔都上海」 「ドル」と「元」どちらが勝つか | トップページ | 小沢民主の病理を衝く トップの言葉 存在の絶えれない「政治答弁」の軽さ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢民主の病理を衝く 「小沢一郎」に最後のとどめを刺す 舛添要一:

« 特別企画 目からウロコの「魔都上海」 「ドル」と「元」どちらが勝つか | トップページ | 小沢民主の病理を衝く トップの言葉 存在の絶えれない「政治答弁」の軽さ »