« 小沢民主の病理を衝く 「小沢一郎」に最後のとどめを刺す 舛添要一 | トップページ | 小沢民主の病理を衝く 「裏切り劇場」の大根役者 »

2010年7月 3日 (土)

小沢民主の病理を衝く トップの言葉 存在の絶えれない「政治答弁」の軽さ

新潮45 2010 7 初夏特大号

小沢民主の病理を衝く
トップの言葉 存在の耐えられない
「政治答弁」の軽さ

阿比留瑠比 経済新聞記者

鳩山氏は「政治家の言葉」への信頼感を
粉砕した。
もはや次の首相が何を約束しよと国民の
胸には響くまい。

# 普天間迷言劇場

# 菅氏も海兵隊撤退論者

# 虚言・食言・寝言

# 「ばか者がやってはいけない」?!

# 「聞く耳」を持つわけない

|

« 小沢民主の病理を衝く 「小沢一郎」に最後のとどめを刺す 舛添要一 | トップページ | 小沢民主の病理を衝く 「裏切り劇場」の大根役者 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢民主の病理を衝く トップの言葉 存在の絶えれない「政治答弁」の軽さ:

« 小沢民主の病理を衝く 「小沢一郎」に最後のとどめを刺す 舛添要一 | トップページ | 小沢民主の病理を衝く 「裏切り劇場」の大根役者 »