« 特集 この夏 旬のテーマを読む50冊 第5回 ドラッカー・ブーム 企業にとって・社会にとって顧客とは何か | トップページ | 特集 この夏 旬のテーマを読む50冊 第7回 電子書籍のと登場は「読む、ことを変えるか」 電子出版元年 »

2010年8月11日 (水)

特集 此の夏 旬のテーマを読む50冊 第6回 「最小不幸社会」の幸福のあり方とは 幸福論

中央公論 2010 8 特集 この夏 旬のテーマを読む50冊

第6回 「最小不幸社会」の幸福のあり方とは

幸福論 山田昌弘 中央大学教授

幸福論を知るための5冊
「幸福論」 小倉千加子・中村うさぎ 著 岩波書店
「勝間さん、努力で幸せになれますか」 勝間加代・香山リカ 著
   朝日新聞社
幸福論 Z・バラマン著 高橋良輔・開内文乃訳 作品社 
道徳形而上学原論 カント著 篠田英男訳 岩波文庫
幸福の方程式 小田昌弘・電通チームハピネス ディスカヴァー叢書

先月、菅新総理大臣は就任記者会見で、「最小不幸社会」をめざすことを宣言した。だだ、不幸でないことと、幸福を感じることでは、意味が違う。

カントは他者とは無関係な「快適は生活」と言った物質的幸福と、他者への
義務に基づく普遍的幸福を区別し、後者の優位性を論じている。

|

« 特集 この夏 旬のテーマを読む50冊 第5回 ドラッカー・ブーム 企業にとって・社会にとって顧客とは何か | トップページ | 特集 この夏 旬のテーマを読む50冊 第7回 電子書籍のと登場は「読む、ことを変えるか」 電子出版元年 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特集 此の夏 旬のテーマを読む50冊 第6回 「最小不幸社会」の幸福のあり方とは 幸福論:

« 特集 この夏 旬のテーマを読む50冊 第5回 ドラッカー・ブーム 企業にとって・社会にとって顧客とは何か | トップページ | 特集 この夏 旬のテーマを読む50冊 第7回 電子書籍のと登場は「読む、ことを変えるか」 電子出版元年 »