« 永田町の裏を読む(33)臨床政治学 最良にして最も聡明 伊藤惇夫 | トップページ | 小沢一郎さん代表選に立候補しなさい 藤井裕久 »

2010年8月27日 (金)

渡辺喜美 この男を信じていいのか 佐野栄一 

文藝春秋 九月特別号

渡辺喜美 この男を信じていいのか?

佐野栄一 ノンフクション作家

サル学者を志望して山野を放浪した青春時代、司法試験に
3回落ちた屈辱、美智雄との葛藤と父の仇 小沢一郎への
思い。「みんな」の英雄がはじめ自分を語り明かした。

参院選から10日後の7月21日、衆議院議員会館の一室
で、予想以上の大勝をした「みんなの党」代表の渡辺喜美
に2時間あまりのインタビューをした。

アジェンダ(検討課題)といるスローガンは耳にたこができ
るほど聴いているが、この男の人となりについてはいま
ひとつ伝わってこない。

# 総理を目指すには当然

# 那須野ヶ原「原住民」子孫として

# 迷った時は「ミッチー語録」に帰る

# ロックバンドを結成した高校時代

# 楽しい青春ではなかった

# 高野悦子「20歳の原点」と「サル観察」

# 父を模倣するひがみ

# 小沢一郎との相似と相違

# ”異版おしん”渡辺美智雄の生い立ち

# 大反対された結婚相手

# 村上正那への出所祝い

# 時代の針が狂う時

|

« 永田町の裏を読む(33)臨床政治学 最良にして最も聡明 伊藤惇夫 | トップページ | 小沢一郎さん代表選に立候補しなさい 藤井裕久 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺喜美 この男を信じていいのか 佐野栄一 :

« 永田町の裏を読む(33)臨床政治学 最良にして最も聡明 伊藤惇夫 | トップページ | 小沢一郎さん代表選に立候補しなさい 藤井裕久 »