« 大河ドラマではわからない 幕末の実像を知るためのブックガイト | トップページ | 佐藤優の新帝国主義の時代 第20回 ロシアとどう付き会うか »

2010年9月28日 (火)

「正義」の話・再考 国際政治と正義の論理 中本義彦

中央公論 2010 10

「正義」の話・再考
国際政治と正義の論理

中本義彦 静岡大学教授 なかもと・よしひこ

# 原則が結果か

# リアリズムの弱さ

# 国家か個人か

# 「人道的介入」という問題

# 「テロに対する戦争」は正当か

# いま、日本に求められているもの
  政策の基盤となるべき正義の感覚を磨く事
  に、本当に成功してきただろうか?
  ハーバード白熱教室の教えてくれるものは
  何よりも他者との対話の大切さである。
  国際政治においても、ねじれじは、慎重に
  しかし勇気をもって「正義」を考えていかねば
  ならない。

|

« 大河ドラマではわからない 幕末の実像を知るためのブックガイト | トップページ | 佐藤優の新帝国主義の時代 第20回 ロシアとどう付き会うか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「正義」の話・再考 国際政治と正義の論理 中本義彦:

« 大河ドラマではわからない 幕末の実像を知るためのブックガイト | トップページ | 佐藤優の新帝国主義の時代 第20回 ロシアとどう付き会うか »