« 国際政治のリアリティーを見失った日本人へ 今こそ「平和の代償」を再読する時 | トップページ | 時評 2010 参院選から目立た民主主義の成熟 »

2010年9月 7日 (火)

民間人登用の波紋とその裏舞台 丹羽宇一朗 中国大使の誕生

中央公論 2010 9

丹羽宇一朗「中国大使誕生」

民家人登用の波紋と その裏舞台

城山英男   しろやま・ひでみ

 時事通部外信部記者

# 政治主導は国益を損ねるのか

# 元中国大使の三つの懸念

# とても少ない「取り込み工作」

# 「象徴大使」と「実務公使」

# FTA進めないと日本は沈没

# 元大本営参謀らの極秘計画

# 今年は日中構造変化の年

|

« 国際政治のリアリティーを見失った日本人へ 今こそ「平和の代償」を再読する時 | トップページ | 時評 2010 参院選から目立た民主主義の成熟 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民間人登用の波紋とその裏舞台 丹羽宇一朗 中国大使の誕生:

« 国際政治のリアリティーを見失った日本人へ 今こそ「平和の代償」を再読する時 | トップページ | 時評 2010 参院選から目立た民主主義の成熟 »