« 特集 消えた100歳老人・堕ちた倫理 厚労省は「5年前から知っていた 開いた”パンドラの箱”に希望はあるか | トップページ | [ 創刊]50周年特別シリーズ企画 ニッポンの選択 「無縁社会」の衝撃 井上邦彦 »

2010年10月22日 (金)

[ 創刊50周年特別シリーズ企画] ニッポンの選択 「無縁社会の衝撃」 「希望なき時代」をどう生きるか 山田昌弘

潮 2010 11 [ 創刊50周年シリーズ企画] ニッポンの選択
「無縁社会」の衝撃

「希望なき時代」をどう生きる
他者とのつながりを実感できなくなっていることが、
「無縁社会」の不幸である。

山田昌弘 やまだ・まさひろ 中央大学教授

# 黙っていても「縁」があった時代

# 「所在不明高齢者」は長寿社会の必然

# 生涯婚活で無縁社会を乗り切れ

# 「つながり」が幸福感を生む
  若者の希望を削ぐような現在の社会システム
  を変えていくこと。
  高齢者が豊かな老後を暮すモデルを作る事。
  これらを実現しなければ、「無縁社会」に苦し
  む日本人に希望を与えることはできないだろう

|

« 特集 消えた100歳老人・堕ちた倫理 厚労省は「5年前から知っていた 開いた”パンドラの箱”に希望はあるか | トップページ | [ 創刊]50周年特別シリーズ企画 ニッポンの選択 「無縁社会」の衝撃 井上邦彦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ 創刊50周年特別シリーズ企画] ニッポンの選択 「無縁社会の衝撃」 「希望なき時代」をどう生きるか 山田昌弘:

« 特集 消えた100歳老人・堕ちた倫理 厚労省は「5年前から知っていた 開いた”パンドラの箱”に希望はあるか | トップページ | [ 創刊]50周年特別シリーズ企画 ニッポンの選択 「無縁社会」の衝撃 井上邦彦 »