« 予算攻防 霞ヶ関夏の陣 横田由美子 | トップページ | [ 創刊50周年特別シリーズ企画] ニッポンの選択 「無縁社会の衝撃」 「希望なき時代」をどう生きるか 山田昌弘 »

2010年10月21日 (木)

特集 消えた100歳老人・堕ちた倫理 厚労省は「5年前から知っていた 開いた”パンドラの箱”に希望はあるか

中央公論 2010 10

特集 消えた100歳老人・堕ちた倫理

厚労省は5年前から知っていた
開いた”パンドラの箱”に希望は有るのか

前村聡 まえむら・あきら
日本経済新聞社記者

# 5年前にもあった「所在不明」

# 5年前の教訓生かされず

# 市町村も把握しながら未報告

# 「届出}なければ把握できず

# 身元不明死者は累計で数万人

# 家族関係の複雑さや寿命こそ
  ではどうすればいいのだろうか?
 家族関係にかかわらず、国民の
 状態を把握するためには、住民
 票コードを記録したICチップを全
 国民に体内に埋め込み、仮に身元
 不明の死者でも、住民票コードなど
 を抹消できる様にすぐらいしかない
 だろう。

|

« 予算攻防 霞ヶ関夏の陣 横田由美子 | トップページ | [ 創刊50周年特別シリーズ企画] ニッポンの選択 「無縁社会の衝撃」 「希望なき時代」をどう生きるか 山田昌弘 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特集 消えた100歳老人・堕ちた倫理 厚労省は「5年前から知っていた 開いた”パンドラの箱”に希望はあるか:

« 予算攻防 霞ヶ関夏の陣 横田由美子 | トップページ | [ 創刊50周年特別シリーズ企画] ニッポンの選択 「無縁社会の衝撃」 「希望なき時代」をどう生きるか 山田昌弘 »