« [ 創刊]50周年特別シリーズ企画]ニポンの選択 「無縁社会」の衝撃 若者に広がる「無縁」への不安 若者に忍び寄る孤独の影 岡尾一郎 | トップページ | 連載867回 永田町俯瞰虫観 「ねじれ国会」で前途多難の菅政権 松田秀和 »

2010年10月25日 (月)

「特集」視力ゼロの日本政治 牧原出

潮 2010 11 「特集」視界ゼロの日本政治

政治を一歩前進させるカギは「責任ある野党」
にあり
日本経済も低迷が続くいま、庶民性を支持者
にもつ政党の政策立案、制度設計が重要な
時代に入った

牧原出 まきはら・いづる 
東北大学大学院法学研究科教授

# 期待と幻滅ーーー民主党政権の停滞

# 「責任ある野党」の役割が大事

# 与党時代の経験を公明党が生かす時

厳しい生活を送る人たちの暮らしを、どう
やわらげるていくか。
日本経済も低迷が続くいま、庶民層を支持
者にもつ政党の政策立案、制度設計がより
より重要な時代に入ったと言えるだろう。

|

« [ 創刊]50周年特別シリーズ企画]ニポンの選択 「無縁社会」の衝撃 若者に広がる「無縁」への不安 若者に忍び寄る孤独の影 岡尾一郎 | トップページ | 連載867回 永田町俯瞰虫観 「ねじれ国会」で前途多難の菅政権 松田秀和 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「特集」視力ゼロの日本政治 牧原出:

« [ 創刊]50周年特別シリーズ企画]ニポンの選択 「無縁社会」の衝撃 若者に広がる「無縁」への不安 若者に忍び寄る孤独の影 岡尾一郎 | トップページ | 連載867回 永田町俯瞰虫観 「ねじれ国会」で前途多難の菅政権 松田秀和 »