« 特集 「尊厳」と「実り」ある最期にむけて死ぬまでにやっておきたいこと 愛憎を捨てて 身軽になりたい 曽野綾子 | トップページ | 特集「尊厳」と「実り」ある最期に向けて 死ぬまでにやっておきたいこと 死ぬ気で北方領土問題の解決を 鳩山由紀夫 »

2010年11月20日 (土)

特集 「「尊厳」と「実り」ある最期に向けて 死ぬまでにやっておきたいこと 歴史の定説を書き換えたい 田原総一郎

中央公論 2010 12 特集「尊厳」と「実り」ある最期に向けて

死ぬまでにやっておきたいこと

歴史の定説を書き換えたい

田原総一郎 たはら・そういちろう ジャーナリスト

私が小学校5年生の夏休みに日本が敗け、5年生の1学期まで、担当教師も校長も「この戦争は正義の戦争だ」と力説していた。ところが、2学期になると「あの戦争は日本の侵略戦争だった。戦争をはじめた軍の幹部たちは犯罪者である」と同じ教師たちが強調したのである。

いまや、残る時間も多くはなくなった。ライフワークとして、数多くの矛盾と謎に思い切って挑戦し、定説となっている明治以来の日本の歴史を大きく書き
換える仕事をしたいと念じている。

|

« 特集 「尊厳」と「実り」ある最期にむけて死ぬまでにやっておきたいこと 愛憎を捨てて 身軽になりたい 曽野綾子 | トップページ | 特集「尊厳」と「実り」ある最期に向けて 死ぬまでにやっておきたいこと 死ぬ気で北方領土問題の解決を 鳩山由紀夫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特集 「「尊厳」と「実り」ある最期に向けて 死ぬまでにやっておきたいこと 歴史の定説を書き換えたい 田原総一郎:

« 特集 「尊厳」と「実り」ある最期にむけて死ぬまでにやっておきたいこと 愛憎を捨てて 身軽になりたい 曽野綾子 | トップページ | 特集「尊厳」と「実り」ある最期に向けて 死ぬまでにやっておきたいこと 死ぬ気で北方領土問題の解決を 鳩山由紀夫 »