« 特集 自決から40年「憂国の士」が遺したもの 三島由紀夫と司馬遼太郎<二つの日本>をめぐる闘い | トップページ | 特別企画 私はこうして「介護地獄」を乗り超えた 今いちばん幸せな季節をともに 小山明子 »

2010年12月 5日 (日)

特集 自決から40年 「憂国の士」の遺したもの 「三島由紀夫と正田美智子」知らぜざる邂逅

新潮45 2010 12 自決から40年「憂国の士」の遺したもの

「三島由紀夫と正田美智子」知られざる邂逅

高橋英朗 たかはし・ひでお 評論家

# 長岡輝子の証言
   この長岡輝子の証言は、今年の9月、三島事件40年と記念して
   出版された拙著「三島、女子には優雅なる欲望」(飛島新書)
   の冒頭部に私が記したもので、ほぼそのままここに引用した。
   そして長岡さんは、この10月15日、百二歳の高齢で大往生を
   とげられた。

# 初めての孤独 

# 奇妙な関心

# 1/64の確率

|

« 特集 自決から40年「憂国の士」が遺したもの 三島由紀夫と司馬遼太郎<二つの日本>をめぐる闘い | トップページ | 特別企画 私はこうして「介護地獄」を乗り超えた 今いちばん幸せな季節をともに 小山明子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特集 自決から40年 「憂国の士」の遺したもの 「三島由紀夫と正田美智子」知らぜざる邂逅:

« 特集 自決から40年「憂国の士」が遺したもの 三島由紀夫と司馬遼太郎<二つの日本>をめぐる闘い | トップページ | 特別企画 私はこうして「介護地獄」を乗り超えた 今いちばん幸せな季節をともに 小山明子 »