« 短期決戦で倒閣 小沢一郎の「国取り物語」最終章の深層 岩見隆夫 | トップページ | 新年 特別企画  真珠湾攻撃から70年 悲劇の軍人「山本五十六」再発見  対談 半藤一利VS要高一成  »

2011年1月15日 (土)

特別編 外務省に告ぐ 金ファミリーを動かす「神の言葉」 佐藤優

潮 2011 1 特別編 外務省に告ぐ

金ファミリーを動かす「神の言葉」

佐藤優 作家・元外務省主任分析官

# なぜ一線を踏み越えたのか
   つまり外交的目的が主要因で北朝鮮が今回
   軍事挑発を行ったのか外務省の見方が問題
   だ。日本のマスメディアや評論家によく言われ
   る”瀬戸際外交”という見方がほとんどだ。

   むしろ本件は北朝鮮の政策的・端的に言えば
   2012年の金日正生誕100周年を機に北朝鮮
   が進めようとしている金日正から金正恩への後
   継と密接に関連しているとみている。

# 北朝鮮指導者に必要な”神話”

# 北朝鮮を「勝利」させる

# 「神の言葉」
   北朝鮮において金日成の言葉は絶対だ。なぜ
   なら北朝鮮のイデオロギー的最高指導者は平城
   の錦隷山記念殿堂に安置されている金日成の
   ミイラだからである。
   従って金日成の言葉は「神の言葉」なので、
   北朝鮮の行動を支配する

|

« 短期決戦で倒閣 小沢一郎の「国取り物語」最終章の深層 岩見隆夫 | トップページ | 新年 特別企画  真珠湾攻撃から70年 悲劇の軍人「山本五十六」再発見  対談 半藤一利VS要高一成  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特別編 外務省に告ぐ 金ファミリーを動かす「神の言葉」 佐藤優:

« 短期決戦で倒閣 小沢一郎の「国取り物語」最終章の深層 岩見隆夫 | トップページ | 新年 特別企画  真珠湾攻撃から70年 悲劇の軍人「山本五十六」再発見  対談 半藤一利VS要高一成  »