« キャスチングボード政党として「国民目線の政治」を貫く 山口那津男 | トップページ | ”北”の砲撃と韓国の若者たり 丁田隆 »

2011年1月23日 (日)

北朝鮮の真意と東アジアの針路 伊豆見元

潮 2011 2

北朝鮮の真意と東アジアの指針

伊豆見元

理不尽で挑発的で居大高な国を相手に、具体的
な成果を得る交渉そおこなう覚悟をすべきである

# 北朝鮮の「異状」を可能にしたもの
   ”脅かしのレベルを上げても大丈夫”と、
   彼らが確信してらしい
   つまり「核」の散在が大きな意味をもつ

# 3回目の核実験をさせてはならない

# 現実的に残されたもので可能なものは何か
   我々がやるべきことは”交渉のテーブルに就く”
   ということしかないのかもしれない
   つまり、不愉快な相手であっても「交渉を通じた
   取引」を果敢に試み結果とし外交で勝利する

|

« キャスチングボード政党として「国民目線の政治」を貫く 山口那津男 | トップページ | ”北”の砲撃と韓国の若者たり 丁田隆 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の真意と東アジアの針路 伊豆見元:

« キャスチングボード政党として「国民目線の政治」を貫く 山口那津男 | トップページ | ”北”の砲撃と韓国の若者たり 丁田隆 »