« 摘発皆無で日本人ビジネスマン出没! 中国、得られざる「売春の島」 佐藤英夫 | トップページ | 砥部四国地蔵巡りNo.15 1番 霊山寺 »

2011年2月 3日 (木)

100年先にも生き残る「見事な物」とは何か 内田樹

新潮45 2011 2 

100年後にも残る「見事な物」とは何か

内田樹 神戸女学院教授

大悪人生を耐えぬいている人と作る校舎

遠い読者に向けて書くあらゆる「贈る物」

は明日を観る

# 建築物からの贈り物

# 自分はだまさない

# 燃え尽きる論文

# 読書人に対する敬意

# 「遠い読者」に分かってほしい

 

|

« 摘発皆無で日本人ビジネスマン出没! 中国、得られざる「売春の島」 佐藤英夫 | トップページ | 砥部四国地蔵巡りNo.15 1番 霊山寺 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100年先にも生き残る「見事な物」とは何か 内田樹:

« 摘発皆無で日本人ビジネスマン出没! 中国、得られざる「売春の島」 佐藤英夫 | トップページ | 砥部四国地蔵巡りNo.15 1番 霊山寺 »