« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

特別企画 文藝春秋88年が伝えた震災・津波・被爆の証言 被爆 爆心地 六百メーチルの科学者 福龍丸乗組員のその後 阿部み光恭


文藝春秋 六月特別号 特別企画 文藝春秋88年が伝えた震災・津波・被爆の証言

福島丸乗組員のその後 昭和43年6月 阿部光恭

# ひとにぎりの灰に

# 阿部氏は事件から14年ぶりに焼津を訪れ
  事件の当事者や遺族の元を訪れた

# 沈黙する元乗組員達

被爆 爆心地 六百メートルの科学者 昭和46年8月号

# フットボール大の光

# 原爆の霧


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

特別企画 文藝春秋88年が伝えた震災・津波・被爆の証言 スリーマイル 恐怖の2時間18分 柳田邦男

文藝春秋 六月特別号 特別企画 文藝春秋88年が伝えた震災・津波・被爆の証言

スリーマイル 恐怖の2時間18分 

柳田邦男 昭和55年11月号

# 三回見て

# 通気バルブを開けろ

# ガス漏れは制御できない

# 数字という魔物

# 致命的な失敗

# 大義のための専門家委員

# 原子炉事故の実験室

# カーター・マジック



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

文藝春秋 六月特別号 特別企画 文藝春秋88年が伝えた震災・津波・被爆の証言

三陸海岸大津波

三万人を飲み込んだ「海の壁」 吉村昭

# 昔話と怪火

# 放置された死体

# この時の津波でもっとも大きな被害を出したのは
  石川県亜田老村(現在の宮古市田老地区)である

# 子供たちの体験

# また子どもたちが書いた作文からも、津波の恐怖
  の生生しくつたわってくる

# 津波との戦い
  三陸海岸大津波を参考にして、作った防波堤でも
  今回の津波はやすやすと飲み込んでしまった


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

特別企画 文藝春秋88年が伝えた震災・津波・被爆の証言 日本政府 震災危機管理もレベル7 被災直後に必要な情報の十分の一しか開示されなかった 田中辰己

文藝春秋 六月特別号 特別企画 文藝春秋88年が伝えた震災・津波・被爆の証言

日本政府危機管理もレベル7

被災直後に必要な情報の十分の一しか開示されなかった

田中辰己 たなかたつみ 危機管理 コンサルタント

# 水パニック発生

# 各論でけの情報開示

# 正しい危機管理の手法
  
   感知  解析  解毒  再生

# コミュニケーションの否決

# 立つ位地の錯誤を無くせ

   加害者の岸/地震津波/東京電力/原子力安全・保安員/
現内閣(原子力災害管理本部)/現場の自衛隊・
         消防隊・警察の隊員/原発の周辺住民(農業・漁業
         酪農家や事故で影響を受ける諸外国)
   被害者の岸

# 地震と原発の列島に住む我々国民も、政党や内閣の支持を決める
  とき、その危機管理能力を尺度に加えるべきだ。
  放射能は孫の代まで禍根を残すからである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

特別企画 文藝春秋88年が伝えた震災・津波・被爆の証言 関東大震災 芥川雄之助 菊池寛 横光利一

文藝春秋 六月特別号 特別企画 文藝春秋88年が伝えた震災・津波・被爆の証言

関東大震災 朱儒の言葉 或自警団員の言葉 大正12年11月号 芥川龍之介
しかし、スヨウペンハウエルはーーーまあ、哲学はやめにして、我々はとに角あそこにきた蟻と大差のないことだけは確かである。人間らしい感情の全部は一層大切にしなければならむぬ。我々は互いに哀れみ会わればならぬ。況や殺戮を喜ぶとはーーーもっとも相手を絞め殺すよりは、議論に勝より手軽である。

災後雑感 大正12年11月号 菊池寛
地震は、われわらの人生を、もっとも端的は姿で見せてくれた。人生は根本的にではあるが、何が必要であるかを見せてくれた。われわれは、生命の安全と、その日の寝食と、その外は何も考えなかった。食べて寝ればそれ丈で充分満足していたのだ。

震災 大正12年11月号 横光利一
東京付近に住んでいるものなら、こう言う地震がいつかは来るにちがいないとは、誰しも予想していたと思われる。しかし、人々は不思議にこの災害の予想については一様にぼんやりとしていた。地震に合って初めて、こう言う地震はもう必ず起るに定っていると思っていた事を想い出だした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

特集 震災2ヶ月のいま、考えること 貞観地震の教訓と東海・東南海・南海地震の可能性 寒川旭

中央公論 2011 JUNE launched in 1887 6

特集 震災2ヶ月のいま、考えること

貞観地震の教訓と東海・東南海・南海地震の可能性

寒川 旭 独立行政法人技術総合研究者招聘研修員

# 貞観地震と東北地方太平洋地震

# 地震考古学とは何か

# 南海トラフトの巨大地震

# 地域別に見た地震災害の特徴
  石狩地震    1839年
  津軽地震    1766年
  象潟地震    1804年
  会津地震    1611年
  安政江戸地震 1858年
  善光寺地震   1847年
  飛越地震    1858年
  大正地震    1586年
  伏見地震    1596年
  播磨地震     868年
  北丹後地震   1927年
  濱田地震    1872年
  筑紫地震     679年
  別府地震    1591年
  島原大変庇護迷惑 1782年
  宮崎の外所地震 1662年

# 地震の歴史を現在に生かして

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

特集 震災2ヶ月のいま、考えること 3・11と9・11 「断絶」の思考。「永続」の意志 会田弘継

中央公論 2011 JUNE lannched in 1887 6

特集 震災2ヶ月のいま、考えること

3・11と9・11「断絶」の思考。「永続」の意志

会田弘継 共同通信編集委員

# 日付で呼ばれる大事件

# 丸山真男、川端康成

# 安全神話の崩壊

# アメリカを語る

# 3・11後の日本
   震災の前と後とでは、パラダイムが異なる
  ということが強調される。のそ中でも、「永続」
  をしずかに願い、誓う声もある。
  3・11後の日本にどのような「断続」と「永続」
  が生まれるか、またべきか、考えていきたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

特集 震災2ヶ月のいま、考えること 対談 寄付金は果たして、有効に使われているか 渋澤健*大西健常

中央公論 2011 JUNE launched in 1889 6

特集 震災2ヶ月のいま、考えること

対談 寄付金は果たして、有効に使われているか

渋沢健(コモンズ役信会長)*大西健常(認定NPO法人ビークウインズ・ジャパン代表理事)

# 翌日被災地に入って

# 有事即応になっていない

# ネットを通じた支援も活発

# 義援金と支援金の違い

# なぜ寄付文化が必要か

# 「使い切り」ファンドも


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

特集 震災2ヶ月のいま、考えること 模擬戦時という経験 危機をチャンスに変えるために 斉藤環


中央公論 2011 JUNE launched in 1887 6

特集 震災2ヶ月のいま、考えること

擬似戦時という経験 

危機をチャンスに変えるために

斉藤 環 精神科医

# ひきこもりの雅子妃への提案

# 従来モデルでは考えにくい被害の反応経過

# 遠隔地被災とトラウマの分散

# コミュニティと集団主義

# 「不幸中の幸い」もないではないか


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

特集 震災2ヶ月後のいま、考えること 「復旧」さへ進んでいないのは遅すぎる。復興は時間との勝負である 越澤明

中央公論 2011 JUNE lannched in 1887 6

特集 震災2ヶ月のいま、考えるべきこと

「復興」さへ進んでいないほは遅すぎる。

復興は時間との勝負である

超澤 明  北海道大学教授

# 国の役割、自治体の役割

# 津波の被災地をどう復興させるのか

# 深刻な高齢化を踏まえた計画を

# 理想の復興でなく、迅速な復興を

# 「10年計画」では先が見えない

# 死者・行方不明者の土地と財産をどうするか

# 水没地の扱いと行政機能の回復



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

特集 震災2ヶ月にいま、考えること 東北処分の歴史を繰り返すな 戊辰戦争の教訓と福島原発事故

中央公論 2011 JUNE launched in 1887 6

特集 震災2ヶ月のいま、考えること

東北処分の歴史を繰り返すな 

戊辰戦争の教訓と原発事故

野口武彦 文藝評論家

# ポスト安政江戸地震と現代
  巨大災害は一国の政治経済、社会生活、世相風俗に
  潜在している諸要因をいっきょに顕在化する。
  なかんずく巨大地震の破壊力は、地殻基盤と社会基盤
  とかたんなる類比ではなく同一の震動モードで共振する
  事象をさまざまと示している。
  つまり、安政江戸地震から大政奉還への12年間と
  阪神・淡路大震災から民主党による政権交代という
  点からすれば、酷似しているように見える。

# 歴史は繰り返すが・・・・・
  幕府が地震後12年にわたって庶民につちかったラディカル
  な能天気、為政者への期待感ゼロ状態とことに徹底的な
  政治的無関心が広がった。そして明治維新を迎えた。
  一方、現代に目を向ければ、2009年9月には「政権交代」
  への過剰な期待として民主党はおろか国民の一部にまで
  第二の「明治維新」的な幻想が広がった。
  しかし、現状は<明治維新のきざしすら見えぬ幕末>
  状況である。

# 「想定外」の事態とうろたえるリーダー
  タイプでもスケールも違っているし、地震のみならず
  大津波、さらに福島第1原子力発電所の事故によって
  甚大な被害を及ぼし、今まさに「想定外」に事態に直面
  しているのだ。

# 戊辰戦争といる人為災害

# 「会津においては、死謝の外これなし」

# 奥州越後同盟とその崩壊

# 過酷な東北処分
  仙台藩は62万石を没収され、28万石を与えられた
  二本松藩は10万石を5万石に減少された
  会津藩は元領の83万石を没収され、3万石を与えられ
  会津盆地を追われ下北半島の僻地に押し込めるといった
  懲罰的な処置であった

# 失望感の末路
  維新のきざしなき現代の日本において、東日本大震災が
  大きな転換点であることには間違いない。
  日本中にくすぶtっている為政者への深い失望感を軽く
  見る事は出来ない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

我が中高一貫校の思い出

私の人間形成の上で潜在的基礎をなしているのは、今まではあまり意識しなかったが、大東亜戦争が終わり、学校制度がGHQの命令で、それまでの複式から6・3・3.4制の一本に変更された当時、これでは将来の日本がダメになると、日本を指導する謂わば幹部候補を養成する為、昭和25年(1950年)いち早く、それまで和洋女学校として存在していた学校法人を、折から軍隊が解放され無用となった練兵場を市の中心のお城の前に安く買い取り、中高一貫校を設立した学校経営者がおり、それまで田舎の小学校で、丁度私がその小学校を卒業する昭和27年(1952年)に香川県綾歌郡に4ヵ村協立の飯山中学校が設立する事になり、本来ならば私はその飯山中学校の第1回卒業生となるはずであったが、五反百姓の三男坊の私の将来を考えた今は亡き父が、当時大変な教育費が掛かったと思われる、前述の中高一貫高の香川県大手前中等高騰学校に入学させて貰った。

その当時の先生方は香川県の庶務課で主に進駐軍の通訳をしておられた小野先生、東北大学を卒業され新婚の奥様ご同伴で赴任された稲垣先生、香川大学で歴史専門で学校の近くの市営住宅に住んでおらせた玉村先生、生物の分類学の専門の和気先生、大阪大学卒業で多度津の少林寺拳法を学ぶのが目的で赴任された武内先生らに学問の基礎を中学校に時代に叩き込まれた。

武内先生のニュートン力学(古典物理学)の3法則で全ての力学事象を見事に説明して見せた。

稲垣先生の日本国憲法と民主主義とそれを踏まえた国会、地方自治、そのノートが残っていればと思う

玉村先生の歴史とは5W1Hの追求であると時業の第1回目に説明された

小野先生により、キングリッシュの徹底的な暗記、英語で考える習慣をつける

校長先生の方針で、学科の優勢順位は英語、数学、理科、社会、国語は厳密に守られたが、私は今では
この考え方には反対だが、受験戦争では有利かも

その後、目出度く大手前中高等学校を卒業したが、京都、早稲田に堕ち、浪人してその当時
アンカンリツポンといわれていた立命館大学理工学部に入学し、当時まだご存命だった末川博博士の法律概論やお名前は忘れましたが、先生の資格を取るために是非とも執拗だった心理学概論や経済学概論も受講しました。京都の北西にあった衣笠キャンパスは赤松の林の中にフジの花さき、等持院や仁和寺も近く、本当は良き
メモトリアムの4年間でした。

その後、今と違い5月の連休にはすでに入社試験を受けの日の内に合格の通知が学校にあり、家に寄ってから学校の帰ると、もう他の会社には就職活動はできないと言われ、なんだかがっかりしとのを覚えています。

その会社で啼かず飛ばずの32年7ヶ月の勤めを終えて2000年5月に停年退職した時、介護制度が新しく
発足し、愛媛県の訪問介護員に課せられた講習をまず3級から、翌年には妻と一緒に2級の訪問介護員の講習修了し、その証書を受けました。

早速砥部町社会福祉協会に履歴書を付けて登録に行きましたが、年齢が60歳を超えているという理由で受け付けてももらえませんでした。しかし、妻はまだ年齢に余裕があったので、登録はしてくれましたが車の運転免許証を持っていので、実際の戦力にはならないようでした。

今は家の直ぐ近くにある愛媛県総合運動公園の初級テニス教室の入り、テニスと昨年から入った団地の老人会
”白梅会”でクロッケをしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

気仙沼 蝋燭の光でこの手記を書く 畠山重篤 かき養殖業

文藝春秋 五月特別号

気仙沼 蝋燭の光でこの手記を書く

畠山重篤 牡蠣養殖業者

手塩にかけた養殖設備は破滅、しかし
今を生きねばならない

# 40戸ほどの小さい集落で家がのこったにはわずか6戸

# また「狼少年」と思った 大津波警報

# まるでナイヤガラの滝

# たくさんの思い出が消えた

# 寒い思いをさせてしまった

# だが、私が千年に一度の出来事を回復するには
  時間が必要だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

岩手・大槌 吉里 吉里国の町を襲った大破局 葉土太郎 

文藝春秋 五月特別号

岩手・大槌 吉里 吉里国の町を襲った大破局

葉土太郎 地方自治ジャーナリスト

井上ひさしとゆかりの深い町を飲み込んだ大津波
町長も失った町は前に進むことができるのか

# 果てしない瓦礫が続く

# 町役場、飲み込まれる

# 傷だらけの消防団

# 高齢化地区の被災拡大

# 「浸水想定区域内」たった?

# 進め! 大槌町


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

福島・三春 解毒用「安定よう素剤」を飲む決断 作家・臨済宗福険寺住職 玄佑宗久

文藝春秋 五特別号

福島・三春 解毒剤「安定よう素剤」を飲む決断

作家・臨済宗福龍寺住職 玄佑宗久

国や県の迷走下、我々は独自の判断を下した

# 天災から人災へ

# 「後悔はしていない」
  今はだた、ひたすら原発の無事終息を念ずる
  ばかりである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

石巻 9日ぶりの軌跡の生還者を診断して 石巻赤十字病院 救命救急センター長 水本道生

文藝春情 五月特別号

石巻 9日ぶり軌跡の生還者を診断して

石巻赤十字救命救急センター副センター長 水本道生

# 低体温症と科学性の肺炎

# テレビで見た2名の救出劇

# 今後は心のケアも必要に


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

南三陸屋上のアンテナが救ったわが命 町長

 http://www.sno.co.jp/

文藝春秋 五月特別号

南三陸屋上屋上のアンテナが救ったわが命

町長 佐藤仁

復興という長い道のりを歩く以外にない

# 10人で2本のテレビアンテナに登った

# 毎日、何10回も泣いている


 htt://www.sno.co.jp/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

陸前高田 波こそわが墓標 市長 戸羽太

文藝春秋 五月特別号

陸前高田 波こそわが墓標

市長 戸羽太

家が車が人が目の前で流されていった。
妻も行方不明となった市長の奮戦の記録

# 余震の恐怖に怯えて

# 妻は行方不明のまま

# どんなに素晴らしい町だったか

# 政府の対応が遅すぎる


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

震災に負けない「日本経済復興プロジェクト」 日本経団連会長 米倉弘品

文藝春秋 2011 五月特別号

震災に負けない「日本経済復興プロジェクト」

日本経済蓮会長 米倉弘品

# 困難は自らを変えるチャンス

# 危機を克服した70年代の経験

# 技術力を高めるしかない

# 政府は民間の力を解き放て


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

中東民衆化ドミノと遂に反革命政策を放棄した米国 内田優香

中央公論 May 2911 5

中東民主化ドミノと遂に反革命政策を放棄した米国

内田優香 外交評論家

# オバマのエジブト革命対応

# オバマ政権の中東政策とは

# 9・11とネット革命


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

アラブ民主革命とオバマ政権の過ち ロバート・ケーカン


Two Piece Collar Chek Flayered Polo Shirt 08 VALLETTA

中央公論 May 2011 5

アラブ民主革命とオバマ政権の過ち

ロバート・ケーガン ブルックリン研究所主任研究員

# 方向転換は間に合って「したのか」

# 中東には安定があったという幻想

# 死命を制するのはエジプト

# これは重要な好機

# 民主主義と自由を求めている

# 中立でいることはできない


Two Piece Collar Chek Flayered Polo Shirt 08 VALLETTA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

「資本主義から市民主義へ」再論 岩井克人・三浦雅士

Two Piece Collar Chek Flayered
Polo Shirt
08 VALLETTA

中央公論 May 2011 5

「資本主義から市民主義へ」再論

コミュニティ志向を超える倫理

岩井克人*三浦雅士
経済学者 文藝評論家

# いまなぜ、正義論なのか?

# カントは資本主義を否定しなかった

# 社会的現実と貨幣・法・言語

# リバタリアンをしたら

# 「信任」という問題

# 単身急増社会にはプラティカルに対応を

# 人間と言語の構造

# 日本社会と母系制


Two Pice Collar Chek Flayered
Polo Shirt 08 VALLETTA


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

臨床政治学 伊藤 惇 怒鳴り、泣くリーダー

中央公論 May 2001 5

臨床政治学 45

伊藤 惇  政治アナリスト

怒鳴り、泣くリーダー

# 過剰とも思われる厳しい表情で、「全身全霊」
  「国難」と発言し、東電関係者をどなりつけ、
  会見では目を潤ませる総理、国難に直面した
  リーダーがこれで大丈夫なのか。

# リーダーに必要なものは、才・魂・胆



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

中央公論 時評2011 大地震以外になにもない 作家 橋本治

中央公論 2011 MAY Lanuched in 1887

時評2011 大震災以外になにもない

作家 橋本 治  Hashimoto Osamu

# 風俗もなにもない、地震だけ

# 3月危機は見事にゴタゴタになった
   この先一年間は復旧を最優先にかざしてすすむ

# 福島の原発事故が収まったとしても、ここが
  再稼動することはありえない

# 焦るにだけはやめろ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

中央公論 時評2011 震災復興に必要な熱い気持ちと冷静な視点 大竹文雄

マクロミルへ登録

中央公論 2011 MAY Launched in 1887 5

時評 2011

震災復興に必要な熱い気持ちと冷静な視点

経済学者 大竹文雄 Ohtake Fumio

# 自分に出来ることは何か
  1. インフラ回復
  2. 供給能力の回復
  3. 復興費用の調達

# 第4に 生産資源が足りなくなった経済に
  おいてては、できるだけ市場メカニズムを
  使って効率性を高めることが必要だ。

# 電力が足りない場合は、電力料金値上げ
   も考えるべきだ。

【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

中央公論 時評2011 震災後の社会を切り拓き 世界のフロントランナーとなれ 牧原出

中央公論 2011 MAY Launched in 1887

時評2011 震災後の社会を切り開き 世界のフロントランナーとなれ

牧原出 Makihara Izuru 政治学者

# 「地震のときは、ふぐその家にいました。ものすごくゆれました・・・・・でも、皿が少し落ちたぐらいで、あまり家具とか倒れなかったです」

# 「実は会社に内緒なんですが、地震のときはたまたま新潟にいたんです。地震があったおいうので、電気ストーブとか買って家に戻ったんです。小さな孫た2人いるんですが、2人とも家族を助けてくれました。スーパーの買い出しで。孫たち、婿さん二人と私で並ぶんですよ。1人20品しか買えないんですが、孫たちも一人前として数えてくれるので。何とか当面必要は食料を買うことができました」

# 関東大震災後、被災からの復興を主導した内務大臣・後藤新平は、発生時を振り返って「第1救護・第2復旧・第3復興方針を貫徹する努力、連日閣議を開き寸時の間隙なく、殆ど寝食を忘れて事に当れり」と述べている。

# だが、今回の震災では何よりも頼りにするメディアが異なった。電気も電話も使えず、ツイッターが情報原であった。その範囲とスピードは、テレビ放送をはるかに上回る規模だった。

# 職場や近所での会話、電子メールが瞬時に情報をもたらした。もっとも復旧の最前線をどうとらえるかは難しい。

# だが、最大の問題は、この難局を乗り切る人材の確保だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

特別企画「東日本大災害」の衝撃  現地ルポ

うしお May,2011 特別企画「東日本大震災」の衝撃

被災地ルポ

懸命に耐え生きる人たち
見渡す限り瓦礫の山、何も残っていなかった
しかし、しべての光が奪われたわけではなかった

高橋幸春 たかはし・ゆきはる ノンフクッション作家
1950年埼玉県生まれ 早稲田大学卒業

# 震災から5日後、仙台市へ

# 1刻も早く海岸から離れなければ

# 対向車が「近づくな」と教えてくれた

# 届けられた手作りのオニギリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

特別企画「東日本大震災」の衝撃 「震災対策」マニュアル

うしお May,2001 特別企画「東日本大震災」の衝撃

「震災対策」マニュアル

いざというとき自分を守るチェックリスト
地震から身を守る10カ条

1.全身の安全を確保

2.すばやく火の始末

3.ドアをあけて出口を確保

4.火が出たらすぐに初期消火

5.外に避難する際も注意深く

6.危険な場所に近づかない

7.山崩れ、がけ崩れ、津波などに注意

8.避難は徒歩、荷物は最小限

9.協力して応急処置

10.正確な情報を聴く


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

特別企画「東日本大震災」の衝撃  大震災ーーー心にのこる話


うしお May,2011 特別企画 「東日本大震災」の衝撃

大震災ーーー心にのこる話

皆が支え合い、励まし合う「勇気と希望」のエピソードの数々

~ツイッターから~

O父が明日、福島原発の応援に派遣されます。半年後停年を迎える父が自ら願いをしたと聞き、涙が出そうになりました。「今の対応次第で原発の未来が変わる。使命感を持ってゆく」。家では頼りなく感じる父ですが、私は今日程誇りに思ったありません。無事の帰宅を祈ります。

O家を無くした40代の女性が言った「私たちは他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれていない。皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んで下さい」。私たちも一日も早く皆さまに追いつきます。俺は涙をこらえ笑顔でメールを送った。

O1回の青信号で1台しか前に進めないなんてザラだったけれど、誰もが譲り合い、穏やかに運転している姿に感動した。複雑な交差点で交通の5分以上も完全に停止するシーンもあったけど、10時間の間・お礼以外のクラクッション以外を聴く事がなかった。恐怖と同時に心温まる時間で、日本がますます好きになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

特別企画「東日本大震災」の衝撃 「社会的悲哀」を大切にする救援を 野田正彰

うしお May,2011 特別企画「東日本大災害」の衝撃

「社会的悲哀」を大切にする救済を

物質的な再建や経済的な復興よりもまず考えるべきは
被災者の心に寄り添うことである。

野田正彰 のだ・まさあき 関西学院教授 1944年生まれ
                北大医学部卒業

# 阪神・淡路大震災の教訓

# 誰のための復興なのか

# 社会的トラウマを克服するために


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

特別企画「東日本大震災」の衝撃 大震災でどうなる日本経済 

うしお May,2011 特別企画 「東日本大震災」の衝撃

大震災でどうなる日本経済
  
経済損失は阪神・淡路大震災の3倍に達する見込みだが、日本経済
には、この震災から立ち直る底力は十分にある

# 震災による「株安・円高」の影響

# 阪神・淡路大震災の3倍の経済損失

# 政府への不信が心の不安を生む


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »