« 特集 もはや内向きではいられない 日本人の交渉力  ルックス重視だった遣唐使 美貌は国益になるか 井上章一 | トップページ | 特集 もはや内向きではいられない 日本人の交渉力 いまこそ「戦後」を精算し、「国家」を語れ 対談 猪瀬直樹・御厨貴 »

2011年6月24日 (金)

特集 もはや内向きではいられない 日本人の交渉力 南北戦争に学ぶ「国難」の乗り越え方 阿川尚之


中央公論 2011 JULY lanuched in 1887 7

特集 もやや内向きではいられない

日本人の交渉力

南北戦争に学ぶ「国難」の乗り越え方

阿川尚之 慶應義塾大学教授

# 懐疑的な声が高まっている

# 国難とは何か

# リーダーの存在がかかせない

# 南北戦争という国難

# リンカーンの持っていたもの
  文章家として天賦の才を有していた

# 東日本大震災と国難
  もしかすると日本の国難はこれから来るもの
  かもしれない
  その時、一体国のリーダーはどう国民に語り
  国民に希望を与え、国全体で難局を乗り切る
  ことを可能とするのか



|

« 特集 もはや内向きではいられない 日本人の交渉力  ルックス重視だった遣唐使 美貌は国益になるか 井上章一 | トップページ | 特集 もはや内向きではいられない 日本人の交渉力 いまこそ「戦後」を精算し、「国家」を語れ 対談 猪瀬直樹・御厨貴 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特集 もはや内向きではいられない 日本人の交渉力 南北戦争に学ぶ「国難」の乗り越え方 阿川尚之:

« 特集 もはや内向きではいられない 日本人の交渉力  ルックス重視だった遣唐使 美貌は国益になるか 井上章一 | トップページ | 特集 もはや内向きではいられない 日本人の交渉力 いまこそ「戦後」を精算し、「国家」を語れ 対談 猪瀬直樹・御厨貴 »