« 特集 もはや内向きではいられない 二本人の交渉力 政府には原子力被害救済の責任がある 森嶋 昭夫 | トップページ | 特集 福島の苦悩と焦燥 小新緑と放射能のコントラスト 本誌取材班 »

2011年6月27日 (月)

特集 福島の苦悩と焦燥 岡野真治


新潮45 2011 7

特集 福島の苦悩と焦燥

放射能の「中身」を調べよ

岡野真治 理学博士

ビキニ環礁やチェルノブイリを調査した放射線測定
の第1人者は、今回の事故対応をどう見たか。

# 事故が起きて一番気になったのは、全体で
  どのくらいの放射線が環境に出たかという
  見積もりです。
  大雑把に計算して、セリノブイリの数パーセントが
  出ていることがわかりましたね。
  放射線測定は3つ有ります。
  1.ある特定の場所で時間とともに変化していくの
    を見る。モニタリングポストがやっていることです
  2.場所でどう違うか。関東と東北を取っても差があり
    ますし、地形やらトンネルとか海上とかの違いが
    どしても要素で変わてきます。
  3.放射線の種類です。

# 何のためのモニターか

# 恐怖感を持ち続ける。


|

« 特集 もはや内向きではいられない 二本人の交渉力 政府には原子力被害救済の責任がある 森嶋 昭夫 | トップページ | 特集 福島の苦悩と焦燥 小新緑と放射能のコントラスト 本誌取材班 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特集 福島の苦悩と焦燥 岡野真治:

« 特集 もはや内向きではいられない 二本人の交渉力 政府には原子力被害救済の責任がある 森嶋 昭夫 | トップページ | 特集 福島の苦悩と焦燥 小新緑と放射能のコントラスト 本誌取材班 »