« 大研究 くいのない死 鮮やかに生きるための心得 人間臨終図鑑・蓋棺録編 | トップページ | 鼎談 日本人 戦艦大和と福島原発 半藤一利・保坂正康・戸高一成 »

2011年7月 3日 (日)

大研究 悔ない死を 鮮やかに生きるための心得 ホスピスで見た1千人の死 大津秀一

文藝春秋 七月号

大研究 悔ない死 鮮やかに生きるための心得

ホスピスで見た1千人の死

「最高の最期の言葉は”ありがとう”」

大津 秀一 緩和医療医

人間完全燃焼が死への恐怖を救う

# 次世代へのバトン

# 穏やかなロスタイム

# 今日が最後だとしたら

# 見事な身辺整理

# 1冊のアルバム


|

« 大研究 くいのない死 鮮やかに生きるための心得 人間臨終図鑑・蓋棺録編 | トップページ | 鼎談 日本人 戦艦大和と福島原発 半藤一利・保坂正康・戸高一成 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大研究 悔ない死を 鮮やかに生きるための心得 ホスピスで見た1千人の死 大津秀一:

« 大研究 くいのない死 鮮やかに生きるための心得 人間臨終図鑑・蓋棺録編 | トップページ | 鼎談 日本人 戦艦大和と福島原発 半藤一利・保坂正康・戸高一成 »