« 蓋棺録 | トップページ | 愛媛学 みんま(巳午) »

2011年12月 4日 (日)

蓋棺録



蓋棺録
俗名 岡田清忠 創価学会砥部町原町名誉支部長
1932年昭和7年壬申生まれ
2011年平成辛卯11月26日午前4時 救急車で搬送された病院で 死亡
同年11月24日 第7回砥部町老人クラブ連合ゲトボール大会に選手と参加
第4ゲーム中に突然に倒れ、同僚が冷たいお茶をコップで差し出すと1口2口
飲み込むだが、その後意識不明となる。呼びかけて答えないので、救急車を
呼ぶ。岡田さんは予ねて心臓を患い松山市民病院にかかっていたが、救急車
は、市民病院には搬送してくれなっかた。他の病院に搬送し、結局そこで意識
を取り戻すことなく、お亡くなりになしました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
クロッケー及びゲートボルの仲間 有家 浩 謹告

|

« 蓋棺録 | トップページ | 愛媛学 みんま(巳午) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓋棺録:

« 蓋棺録 | トップページ | 愛媛学 みんま(巳午) »