« 麻生村古文章 5 | トップページ | 訃報(上谷カメコ 7月26日 ご逝去) »

2012年7月24日 (火)

麻生村古文書 6



l古文
 所能呑込ミ急度相
慎可申事
1.御札頂戴之商人御
 礼相応之商可致尚
 又無礼之者ハ商不
 相成旨ハ申渡シ置候
 得共万一馬士之
 者共其外何連ニ尚も
 商向き之物執扱候儀
 有之候得者急度御
 咎メ被 仰付候事
1.諸参詣ニ旅行仕 
 候得者是迄之通
 相願可申候猶又商人ハ
 格別其外飯料等
 相調房何方江参候
 共日戻りは格別若
 四五も致逗留候ハ

下し読み
      ところよく呑み
 1 御札頂戴の商人、御札相応の商いを致すべし、なおまた
  無札の者は、商い相成らざる旨は申し渡し置き候えど
  も、万一馬使いの者どもそのほかいずれにても商い向
  きも物とり扱い候の儀これなり候えば、きっと咎め
  仰せ付けれて候こと。

1 諸参詣に旅行仕り候えば、これまでの通り相願い申
  すべく候、なおまた商人は格別、そのほか飯料等
  相調えかたがた何方へ参り候とも、日戻りは格別、
  もし四五日も逗留致し候わば、

現代文訳
 1,商人鑑札を藩から交付された商人は、鑑札にあるとお
  りの商売をすること。また鑑札の無い者が商売をしては
  いかないと命令しているが、万一馬使いの者やその他の
 者が商売をしていれば、厳重に処罰する。

1.(宮島や琴平など)参詣のため旅行するときは、これま
 で通り願い出ること。商人の場合は別である。(かまwない)
 が、食料を持参してどこへ旅行するにも、1日で済む
 場合は別である(かまわない)が、もし四五日どこか
 に滞在するならば、





|

« 麻生村古文章 5 | トップページ | 訃報(上谷カメコ 7月26日 ご逝去) »

古文書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生村古文書 6:

« 麻生村古文章 5 | トップページ | 訃報(上谷カメコ 7月26日 ご逝去) »