« 麻生村の古文書 7 | トップページ | »

2012年8月 4日 (土)

麻生村 古文書8

ロタ島旅行(パッケージツアー)

古文書
 之請合印形等持参
 仕相頼候者有之
 節ハ願出其訳承候
 上差図ニ及可申事
1.奉公人心得之事並
 給米等村法を以申付候
 節互ニ急度締り合
 可申事
  附り委儀ハ口上ニ尚申付ル
1.日雇賃金之儀
 先年茂委敷時逢
 被 仰付候得共近来
 淫ニ相心得候ニ付此
 御射様分御書付を以
 左之通被 仰付

下し読み
 請け合い印形等持参仕り、相頼み候者これある説は、
 願い出、その訳承り候上差図に及び申すべきこと。
1 奉公人心得に事、ならびに給米等、村法をもって申
 し付け候節、互いにきっと締り合い申すべきこと。
    付けたり。くわしき儀は口上にう申し付ける。
1 日雇い賃銭の儀、先年もくわしく時逢い仰せ付けられ
 候えども、近来みだりに相心得候につき、このたび
 御上射様よりお書付けをもって左の通り仰せ付けられ

現代文訳
 の印判が押された書類を持参して頼んで来たときは、庄
 屋に願い出て、事情を聞いたうえで指示する。

1奉公人の心得やその給料については、村法にて命じて
 いるので、互いにそのことをきちんと守ること。、詳し
 は口上にて申し付ける。

1、日雇い人の賃銭のことは、先年にも当時くわしくご命令
 が逢ったが、近年命令が守られていないようであるため、
 このたび
  藩よりお書付をもって、左の通り御命令があった。


|

« 麻生村の古文書 7 | トップページ | »

古文書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生村 古文書8:

« 麻生村の古文書 7 | トップページ | »