« 古文書解読 No.3 湯山村公用書 | トップページ | 古文書解読 湯山村公用書五 »

2012年12月 8日 (土)

古文書解読 湯山村公用書 四

古文書の写真

Pict0004

下し読み文
一、左之通被仰出候旨、九月廿九日廻状、十月朔日
 到来
 従京都飛脚到来之処、去ル三日依
    御召御参内被遊候処、被為拝
  龍顔、御東行ニ付、御祝酒被遊
  御頂載、同廿日
  主上御発車被為遊候段申来候、

    〆 

一、十月朔日、左之通御沙汰之旨、廻状同夜到来
   諸郡水車場買搗実近頃出方少ク
   候ニ付、左之通直段上、実買執ニ相成候間
   多少ニ不拘、右場所へ持出候様
      一、四拾六文
     〆

現代語訳
 1、左の通のりご命令が下された旨、9月29日付けの
   通知が10月1日到着した。

      京都よりの飛脚が到着して、去る3日より
       参内する様お達しがあり、将軍様に御拝顔
   江戸に行く付き、ご酒を頂戴し、同27日
   将軍様はご出立なされた。

 1、10月1日、左の通り御沙汰があった旨、廻状
   が同夜到来、諸郡の水車場にて、綿の実の
   お買い上げの量が近頃少ないので、左に通り
   値段を上げて綿の実をお買い上げになるので、
   多少にかかわれず、右場所へ持ち出る様に

   1、46文                  以上

 
        

|

« 古文書解読 No.3 湯山村公用書 | トップページ | 古文書解読 湯山村公用書五 »

古文書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古文書解読 湯山村公用書 四:

« 古文書解読 No.3 湯山村公用書 | トップページ | 古文書解読 湯山村公用書五 »