« 古文書講読 湯山村公用書十五 | トップページ | 古文書講読 湯山村公用書十七 »

2013年1月19日 (土)

古文書講読 湯山村公用書十六

古文書の写真

Pict0017

下し読み文

                    温泉郡
                      大庄屋
                       湯之山村
山                       三好源之進                       
分取締才許向行届揃候趣相聞候ニ付、為御褒美
格外ヲ以米五俵被下置
                    改庄屋格
                     中村庄屋
郡                     永木信左衛門
用才許出精相勤、養水増之儀不一方骨折井美
付養水廻宣十損之患無之様相成候段
全心掛厚故之儀ニ付、格外ヲ以帯刀御免御免
被仰付
                    同格
                     樽味村庄屋
郡                     野本武作
用材才許出精相勤候ニ付、為御褒美米
三俵被下              同格
右                    辻 村庄屋
同断御称美被成下             三好節次郎 

現代文訳 

                                        温泉郡
                   大庄屋格
                    湯之山村
山                    三好源之進
取り締まりを許した行き届いた事がお上に
解かったのご褒美として、特別に米を5俵下さる。
                   改庄屋格
                    中村庄屋
郡                    永木信左衛門
才能を認め、精出して勤め、出水の折は一方ならず
骨をおり、水周りの損害を防いだ事はまったく心がけ
の厚い事故、例外として帯刀をお許しくださる。
                   同格
                    樽味村庄屋
郡                    野本武作
用材を願いでて使用し、精出して働いた故
語褒美t¥として、米3俵を下さる。  
                     同格
右                    辻 村庄屋
同じ様におほめ下さる。         三好節次郎

                      

   
                         

|

« 古文書講読 湯山村公用書十五 | トップページ | 古文書講読 湯山村公用書十七 »

古文書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古文書講読 湯山村公用書十六:

« 古文書講読 湯山村公用書十五 | トップページ | 古文書講読 湯山村公用書十七 »