« 古文書講読 湯山村公用書二十三 | トップページ | 宇和島藩郷中在民心意向野事 序 »

2013年2月 3日 (日)

古文書講読 湯山村公用書二十四(最終回)

古文書の写真

Pict0025

下し読文

 出納方
    外 属司      同 御勘定
    内 属司      同 諸役
 郡政司
    属司        同 山方元〆
    次属司         山方手代
      〆
 十二月廿四日      三好孫四郎
       廿五日廻状到来
        

 附相掛り候儀も入念取閲人高書出
 可申、無縁たり共、志願等致居候向ハ人数ニ
 相加可差出可申事、

現代文訳

 初めの方の役名はこれまでと同様なので、
 下し読文を参照してください。

 終わりの部分
 12月24日       三好孫四郎
     25日回状が届いた

 いままでしていたそれぞれの石高も入念に
 調べ、閲覧して書いて届けました。
 役職に付きたい人は無縁でも志願しなさい。
 人数によっては採用されるかもしれません。

以上、長々とご愛読有難うございました。

ご講義くだれた先生も有難う御座いました。現代文訳は自己流ですので
多々誤りがあると思いますが、ご容赦の程をお願いします。
このブログを書くことにより、何よりも自分の勉強になりました。
          

|

« 古文書講読 湯山村公用書二十三 | トップページ | 宇和島藩郷中在民心意向野事 序 »

古文書」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古文書講読 湯山村公用書二十四(最終回):

« 古文書講読 湯山村公用書二十三 | トップページ | 宇和島藩郷中在民心意向野事 序 »